【私がコーチング合宿で受け取ったもの】

【私がゆかさん&合宿メンバーから受け取ったもの】

マーケティングとは、
集客とは、、、

優しい光がおりる場所(バラ)

私にとっては、なんとなく、
アレルギーのある言葉だった。

なんだか、いやらしい。
暖かみがない。
マーケティングとか
集客とか考えてる人は
冷たいよ、
自分の利益しか考えてない、
嫌な奴だ、
私はもっと純粋でいたいのだ、
とか思っちゃってた…
と思う。
無意識に。

もちろん、意識上では、
「個人でビジネスをしている人はそれ考えるの当然だし、
その人が幸せじゃなきゃ良い仕事が出来ないんだから、
ある程度お金は稼がないとねっ!」
と思ってたから、

これらの「嫌悪感、違和感、拒絶感、恐れ」は、
人類全員がお得意の【無意識に抑圧】ってヤツです。笑

でもやっぱり
やっぱりそれは投影に過ぎなかった。。。

私の中に
「受け入れてもらえなかったら悲しい」
「まだ自信がない」
「自分をオープンにする事への恐れ」
などなどの、
抑圧された思いと感情があったからだった。

私のマーケティングは、
私のビジネスは、
私から溢れる
愛の循環を作ることだった。

ゆかさんのコーチングで受け取ったことは、
「いかに、自分の会いたいお客さまに、
自分の事を見つけてもらうか?」
これがマーケティングとか集客の
第一歩であり、全てでもある、という事。

ゆかさんのコーチングはハートに従う。

それは、深いビリーフをごっそり変える
グループセラピーを受けているようでもあり、
自分の恐れと向き合い、受け入れるプロセスでもある。

そんな三日間だった。

泣いてばかりいました。

何度も自分の恐れやエゴと出会い、
ああこんなに私は私を守りたかったのだ、
と思い出し
そのたびに、
私の恐れの内側にある
本当にやりたい事への
愛の繋がりを思い出しては、

数え切れないくらい号泣し、
誰かのそのプロセスの場面には、何度も何度も、もらい泣きして。。。

私は、自分のやっている事が上手くいかなかった時
(えっと、脳みその回転だけは速いけど、
実務的には、何もかも不器用です。)

やろうと思ってた事が出来なかった時
(おサボりとか逃避とか、超良くある。)

自分を受け入れるという事の重要さを、
セラピーで、嫌というほど理解している筈なのに、
うっすら自分を叱って
うっすら自分を責めて
自己嫌悪ばかりしていたように思う。

「ビジネスセンスがないから、仕方ないよね」
と自分に言い聞かせながら

私は、私の愛を、必要としている人へ循環させる努力を
怠っていたんだと知った。

というか、そのやり方とか、方法を
知らなかっただけなんだけど。。。

どうしても無意識に比べてしまう
有能な誰かが、一週間で出来る事に
私は2ヶ月かかるかもしれないけど、
諦めるのは止めようと思えた。

まったくね、
今さらだよ、気付くの遅いぜよ、
と、やっぱり思ってしまうけどね、

これが私のタイミングだったんだよ。

全ての采配に、感謝だなぁ。。。

今後の私をお楽しみに♡

寺石ゆかさん、
ハート基準の世界一のコーチングをありがとうございます。

一緒に学んだ
田中秀典さん
渡辺 花香里さん、
Yoshikazu Teraishiteraisさん、
佐藤純子さん、
Mita Junさん、

私のプロセスに、一緒にいてくれてありがとう。

皆さんのおかげで、
諦めるのは止めよう、と思えました。

LOVE♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です