「人が怖い、自分を認めたい」

白い花の贈り物

セッションを受けて下さったHさんからの振り返りをシェア致します♪
(掲載許可ありがとうございます^^)


「今回のテーマ」
人が怖いという思いをなくしたい。
自分を認めたい。

「セッションで理解出来たこと、気づいたこと、感じたことなど」

人生で私が一番恐れてることが、「嫌われること」なのに、 
認めてもらえない、理解されない、無視される 嫌われる、等々のことを、 
母との関係でそれが普通だったので、 
自分でそれを人にされるのは当たり前だと受け入れていたという、 
自分でもまさかと思う気づきでした。
 
この気づきは大きかったです。

小さい頃の、母との事はまだ、抵抗が強いなぁと感じました。 
(以前はただ、集中できなくイメージしづらいとだけと思ってたのですが)
 
母との事も、現実の人間関係のトラブルも、半ば投げやりになっていたので、 
話は飛ぶわ、いきなり出た思いを話したりしてしまいましたが、 
 
それをすべて松川さんは肯定して受け止めて下さってるのがわかりました。
それが嬉しかったです。
 
間違いをおこしたら、一旦それが起こってしまったらもう消せない。 
どこにいても何をしてもそれが心から消えない。
引越ししてからここでの辛い事はばかりで、この地が人が嫌い、怖い。
誰もこの気持ちを分かってくれない。 
 
と、書いてても重いのですが^_^気づかないふりをしていたんだなと思いました。

自分を愛する のが分からなくて、本を読んだり、色々カウンセリングも受けましたが、 
どうしても自分が冷めてしまったりしていました。

今回は、松川さんはとても自然に声をかけてくださってるのに、 
とてもモヤモヤして 
松川さんのようにどうして自分に声をかけてあげられないんだろう?と思った所から、
慣れてないんだ→優しくされる事も→大切に扱われることも→嫌われるのはいつものこと
と、つながりました。

あと、「過剰に緊張してしまう」ことに、 
松川さんはフォーカスして、よく聞いて下さいました。 
感じてると、どんどん息苦しくなるので苦しかったのですが、
 
私は緊張する、してしまうというのを、 
人に気づかれたくない 言いたくない と思っていた事に気付きました。

「セッション後に何か変化はありますか?」

まだ、数時間後ですが、
なんだかスッキリしてます。
かなり腑に落ちました。

今まで、あきらめたり、もう、完了したと勘違いしたりして、 
何度もセッションを色んな所で受けましたが、 
今回は何かを変えたいよりも、 
小さい頃の私の気持ちを知りたい、分かってあげたいという思いで、続けられそうです。
  


Hさん、ありがとうございます♡
そうですね。

何かを変えたいよりも、
小さい頃の自分の気持ちを分かってあげたい
最高に素敵なセッション動機ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>