「幼少期の母と会ったこともない祖父を癒す」

優しい光がおりる場所(バラ)

継続セッションを受けて下さっている ムツミさんのシェアです。
(掲載許可いただいております。いつもありがとうございます)


「今回のテーマは何でしたか?」 

幼少期の母と会ったこともない祖父を癒す

数年ぶりに姉と連絡を取り、いろんな話をしました、
今まで言えなかった事も、正直に。
(なぜか、丸裸で向き合っていました)

そうしようと意図したのではなく、
もうそれしか出来ないという感覚です。(気持ちいいから♪)

今までのように、こんな事言ったら気を悪くするかな、
もっと相手の立場にたって話をしないといけないな・・、
(気を使い、すり減る、疲れる)これが無くなっていました。

と~っても楽です!楽しいのです(嬉)
分かり合えなくってもいいね、喧嘩のようになってもいいね、
姉は感じ悪い!又は姉側からすると(妹はお節介で嫌なやつ)
私と同じように
湧き上がる様々な感情があったでしょう。

○○でなければイケナイ、○○であって当然、
○○という考え方でなければ発展していけない・・etc,
が無くなってしまったのです!

このように信じていた思考が消えてなくなりました、
あれだけあった苦しい感じが本当にないのです。

スルスルと水が流れたいように自由、気ままに流れる、
そんな、軽さ、穏やかで、満ち足りた安心感、、
ほんとうに寛いでる感、あるがままとはこんな感じなのでしょうか・・。

鏡の中の自分は何一つ変わっていないのだけれど、
この人誰??、中身が入れ替わっちゃったのかしら?・・、
と観察(感じてみる)してみますが

今まで握り締めていた「わたし感」がないのです。

自分が信じていたものはいつの間にか、
絶対的な「正しさ」に成り代わり、

これを手放すと大変なことになっちゃうような、
転落人生になっちゃうような、勘違いからの恐怖心から、
せっせと隔たりを作り(元々どこにもないのに)
自分を護っているつもりが、

自らの極端な信念がスルスル流れる水を塞き止め
わざわざ不調和を起こし

それを実際に体験していたのですね。

今回のセッションでは母とそれを取り巻く幼少期、祖父の事へ・・・

母は特に自分の過去の話を全くしない人で、
祖父や幼少期の出来事は、叔母や、姉から何となく聞いていた程度でしたが、
誰もが感じていた印象は

「とんでもないおじいちゃん」でした。

子供が大嫌い、飲む打つ買う?家庭を顧みない、
比較的裕福な家庭環境から一転して、没落してしまったのは
自分の事しか考えず、好き勝手やって、
突然若くして亡くなってしまい、

残された母(祖母)とその子供たち(母)は
今では考えられないような苦労があった事など・・。

母と祖父との関係性(家族全体の)へたどり着き、
ちえさんから「そこをみていきましょう、癒していきましょう」と。

意識の中へ入っていきました。

すると小さな母は怯えて居ました。

誰もが怯えているように窮屈に感じました。
誰からも守られない、どこにも居場所がない。
言いたいことの一つも言えない。

これは自身が、いつも持っている焦燥感でした。
安住できる所がどこにもないというか。

母も、その前の母も感じていたのでしょう。
ただひたすらにこの感情を感じました。
ただただその感情を抱きしめました・・。

しばらくしてあの憎っくきおじいちゃんを登場させ
向き合って話をしてもらいました。

おじいちゃんは悪びれた様子もなく、
母に「ごめんね」と優しく屈み手をとって
謝っていました。

母も「許してあげる」と。

二人の間にはもうわだかまりがありませんでした。

咄嗟に、私は「そんなんでいいのか!?」と口から出ていました(笑)

ただただ、「感じる」から、思考へエネルギーが流れた瞬間ででした、
複雑にしたいのですね(苦笑)

でも、それに気がついてる私、愛おしいではありませんか!

このMRの体験で、「意識」という、当たり前すぎて、近すぎて、
全く見えなかったものに気づかせてもらえました。

呼吸するよりも密接で、限りがなく、時間もなにもなく、空っぽ。
でも全てがある。
「意識」という言葉に当てはめて表していますが
それしかない。それ。

誰もが自在に使っているにもかかわらず、
それそのものでもあるにも関わらず、
見逃し続けている意識。

本当はみんな知っているのか?
私だけが気がついていなかったのか?
思考はまた騒ぎ出しますが(笑)とっちでもいい。

なにがあってもハッピーで楽だということだけ。

いま、ここにある静寂、安寧感。

ちょうど焦点の合ってないカメラを覗き込み、レンズを回すと
ス~っと、焦点があってしっくりくる感じ。

ぼやけていた世界にピントが合って

躍動して嬉々としていて、私もそれ自身であって。
素晴らしく自由で・・。

「セッションで感じた事、気付いた事、癒された事などありましたら」

全ては私の中にある。(中も外もないのですが)

自身が感じているものを溶かせば、
(他人と感じている人や、存命、そうでなくても、動物や自然に対しても)

全てを癒せる。みんな繋がっているから。

あれだけ鬱で死にたいが口癖の姉の口から、
残りの人生せいぜい楽しみましょう!と言われた時には驚愕でした(・・;)

「セッション後に何か変化はありますか?」

パートナーが抱えていた訴訟問題が(訴えを起こしていました)
消えてなくなってしまいました。

(弁護士さんからは、こういう事を有耶無耶にしてはいけない、
例え長く続いたとしても係争し続け、
社会問題として相手側企業に非を認めさせなければならないとの見解もあり
長引くことは覚悟していました)

今まで外側に向いていた意識が(⇒が全部外側に向いていたんです)、
逆転して全部自分に(←)向くようになってる感覚があります。

何もかもが反転してしまいました。
いつも落ち着かない⇒落ち着いている、
他人が怖い(人の目が気になる)⇒人の目が気にならない、

自身のキャパを超えるような、どう考えても対処できない事柄が起きると、
ものすごい恐怖⇒なにが起きても大丈夫感があります。

ちえさんを通して、私にやってきたかけがえのないもの。
目にはみえないけれど・・。ほんとうに大切なもの。

気づかせてくれてありがとう。
全てがパワフルであったかい。感謝♡


ムツミさーーーん;;
いつも感動的なフィードバックをありがとうございます。

継続セッションしていると、癒しがだんだんスムーズになっていく事があります。
(勿論、そうでない事もあります^^)

MR(マトリックス・リインプリンティング)の中で
エコーがとっても素直で
時には心が広すぎだったりして 
「そんな簡単に許して良いの!?」とご本人が驚く事もあるのです。笑

いつもご自分の想像より優しく愛と叡智に溢れている
MRで出会うエコー(インナーチャイルド達)が大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です