傷つき続ける事も、愛に変えてしまう事も出来る

例えば、子供時代、
母親から充分な愛情を
感じられなかったこと。
 
抱きしめて欲しい時に
冷たくされたとか
兄の方が愛されていた……とか
妹の方が愛されていた……とか
 
その事は、
何年経っても、
何十年経っても、
例えばもう
母親が亡くなっていても、
 
感情的なシコリとなって
ご本人の中に
あり続ける事が出来るんです。
 
もちろん
本当は、愛されていただろう。
それは分かってる。
愛していたのも分かってる。
 
それでもなお
 
満たされなかった過去の想いが
自分を
苦しめ続けることが出来るのだ。
 
 
つまり、人間の感情の持つパワーは
理性ではまったく計り知れず、
 
苦しめ続けることが出来る、
って事は、
その【真逆】も可能だって事です。
 
 
あたためること
 
緩めること
 
優しく存在すること
 
その他ありとあらゆることも、
可能だって事です。
 
みんな自分が思ってるのの
100倍は、ヨユーで凄いんだよー!! 
 
ハートの雲と空!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>