「もう全然大丈夫なんだ」

風光る(桜)

セッションを受けて下さった方からのご感想です^^
(掲載許可いただいております♪ありがとうございます♪)


先日はセッション、ありがとうございました。
今まで何故か、幼稚園頃までの記憶があまりなかったのですが、
導いてもらったら本当にその頃の不安な小さな自分に
アクセスできたことが、一番大きな気付きでした。

「やっと向き会えたね!」という感じです。

それが、あまり自然だったので、なんか拍子抜けしたくらいです。

でも、確実にMRでワークをしてもらった出来事に対して
今、自分の中で思いだしても、
「もう全然大丈夫なんだ」
という安心感がわいてきます。

残り4回のセッションを通して、また新たに感じるであろう
自分の変化が今はとても楽しみです。

また次回もよろしくお願いします。
どうもありがとうございました。


初回セッションのご感想、ありがとうございました。
次回も楽しみです。よろしくお願いします♪

MRは、マトリックス リインプリンティングの事ですね^^

MRは自然に過去に向き合い、ワークする事が出来る優しいセラピーです。

それなりに多くの方が、幼稚園の頃の記憶とかはあまり覚えてないですよね。
それでも、幼稚園生の頃に何か不安だったり、しょっくだったり、悲しかったりした出来事があれば、ワーク出来ます。

MRのセッションでは、ご本人の顕在意識では覚えていない出来事であっても、
きちんと感じる事が出来るし、過去の感情を解放する事が出来ます。

そして、「全然大丈夫」になっていきますよ^^
それぞれのペースで。

「価格設定が出来ない」

ピンクバラ

今日は、函館のセラピスト、吉田あやさんのご感想をシェアさせて頂きます♪

(実名での掲載許可を頂いてるので、リンクも貼っちゃう。
あやさん、ありがとうございます♪)


テーマ「提供するセラピーの価格設定ができない」
(&お金を受け取る事に罪悪感を感じる)

「セッションで気付いた事、理解出来た事、感じた事など」

自己ワークやセラピーで、何度も繰り返し湧いてくる「寂しい」という感情。
その度に癒してきた気がしていたけれど、
まだまだ根深く残っていました。

「私の周りには誰もいなくなってしまう」という恐れにも似た寂しさを、
EFTとRFTを使って感情値を下げた後に、
最後にほんの少しみぞおちの辺りに残った「寂しさ」。

いつも大切に隠していたような「寂しさ」。

「その残っている寂しさにはどんな意味がある?」の問いに、 
私のエコーが教えてくれた答えは 
「寂しそうにしていれば、構ってもらえる、見ていてもらえる」でした。 
 
だから私は、 本当にひとりぼっちになってしまわないように、 
寂しさを手放せなかったのでした。

今回のセッションで、一段深く掘り下げて、 
私が想像すらしていなかった「寂しさを持ち続けるメリット」を 
見つけられたことが、私にとっては大きな気づきでした。

私が寂しさを手放したくなかったことが、 
私の今までの行動や人との関わり方に繋がっていたことも、 
ストンと腑に落ちました。

認めたくなかった、隠しておきたかった、 
見ない振りをしていた大きな寂しさを、 
ゆっくりと受けとめてあげて、溶かしてあげるプロセスは、 
本当に愛に満ちていました。いや、愛そのものでした。

癒しのパワーは、本当に素晴らしい。

「セッション後に何か変化はありますか?」

今回メインで癒した「寂しさ」と「お金を受け取る罪悪感」は 
一見関係なさそうに見えましたが、 
セッション後にはきちんと自分の中でビリーフ改革が起こり、 
価格設定についても納得がいく答えが見つけられました。

「何かメッセージがあればどうぞ。」

ちえさんのセッションは初めて受けましたが、
しっかりとホールドしてくださる落ち着いた声のお陰で、
安心しきってセッションに望めました。

また、かゆいところに手が届くような問いかけで、 
エコーとの対話もスムーズに進めることができました。

私の癒しのジャーニーの素敵なガイドさんでいてくださってありがとうございました。 

 


あやさんのブログ、素直でオープンで、
私、大好きなのです。

あやさんは、外見はNHKの歌のおねえさんみたいな、
爽やかで可愛らしい女性です。

セッション受けて下さってありがとうございました^^

ロンドンコース10期生(2016年9月)という事で、
もう心の中ではガッチリと仲間です♡

あやさん、これからも仲良くして下さい~~
よろしくお願いします~~!

私を自由にしてくれる言葉♪

「営業活動とは、自分を大きく見せること?」

今日は私も大好きなよしだあきさんのサイトをご紹介します♪ 

あきさんは、ロンドンコースの先輩でもあり、
かのバイロンケイティのワーク公認ファシリテーターさんなのです。

(日本在住では2人しかいらっしゃらないのですよ~) 
 
あきさんの上記のリンクから私を自由にしてくれた言葉をご紹介します。
抜粋なので、どうぞ全文見に行って下さいね。

営業について嫌悪感がある方へ 
良いサプリメントになるんじゃないかなあ♥  
 


 

営業活動って私も本当に誤解していました。 
良く見せないといけない、大きく見せないといけない、とずっと思っていました。

でも、選ぶ側のお客さんの立場に立って見ると、 
選びたいのはすごい人より素敵な人。
心が嬉しく思う人。心が共鳴する人。 
すごくなくてもいいから誠実な人。信用できる人。
そんな風に私は感じます。 


 
すごい人にならなくて良い。
 
大きな人にならなくて良い。 
 
立派な人にならなくて良い。 
 
尊敬される人にならなくて良い。 
 
私は私であれば良い。 
 
その事は、いつも、いつも、 
何度でも思いだしたい。  
 
すごい人にならなくて良いんだって 
そう思うとホッとします。  

そして、そのリラックスは私に
豊かさと愛をもたらしてくれる言葉。 

それは私にとっては真実の言葉。

いつもその時の最善だった

image

無意識のうちに、
小さい頃から「除外される人」という
セルフイメージを握りしめていた私は、
きっとずーっと、主役になりたかった。
(と同時にそんなの怖くて無理!だったんだけど…)

私が一番って言ってほしくて
認められたくて
凄いって思われたくて

それも、きっとね、
周りの人全員から、
というレベルで望んでた…と思う。笑

でも隠してた。それはもう、自分にさえ。
とても巧妙に。

だって無理だもんねそんなの。
凄いって言われたい、
でも実際には、全然すごくない…
努力もしてない…
なんて、カッコ悪いし。

信じて握りしめていた
ネガティヴなセルフイメージを解き放つ事は
その頃の自分を否定する事じゃないです。

むしろ受け入れて肯定する事なんだよね。

受け入れて肯定して
受け入れて肯定して
なんなら褒めてあげよう。

そんなネガティヴなの握りしめて
辛かったのによく頑張ってきたねって。

長い間ずっと
そうやって自分を守ってきたんだよね。

それがどう考えても
「我慢する!という、単に苦しいだけの作戦」
だったとしても。笑
(我慢強い子、というのが長らく私の長所でした…)

その時の私の潜在意識のベストチョイスだった。

佐藤純子さんに教えてもらった。
「潜在意識は、いつもその瞬間のベストな事をしている。」
(今確認したら、純子さんも、小貫淳子さんに教えて貰ったて書いてある。笑)

いつも私の潜在意識は
私を支えたり守ったり
メリットを与えようとしてくれている。

だから信じて大丈夫。
私は私を信じて大丈夫。

そしてそれは、
『信じられなくても良い』って事でもある。

信じられない、という私の思いを信じてみる。
そのステップが必要な事もある♪

「不眠と体調不良」

雨の日のバラ

継続セッションの初回を受けてくださったIさんからの感想をシェアします♪
掲載の許可いただいております。
ありがとうございます^^


「今回のテーマ」

不眠と体調不良を何とかしたい。
多分、子供の幼稚園に関連する人間関係の悩みが原因かな、
と思うのでそこを掘り下げたい。

「セッションで気づいた事、理解出来た事、感じた事など」

セッションで質問されていくうちに、
自分が予想していた「原因」が大ハズレ!だった事がわかりました!

きっと原因は「私の凹みやすさやマイナス思考」
だろうと思っていたのですが、

実際は・・・感情を抑え込んだせい!!

「子供のためにはこの怒りは抑えなくちゃ」
「ママ友怖いけど、にこやかに感じよく振る舞わなくちゃ」

などと、感情を抑え込んでいたことで
辛さがいつまでも消えなかったんだな、とわかった気がします。

自分としてはもう過ぎた事だから、
そこまで怒ってるとか怖いとか感じてたんだという事にビックリしました。

え、そこまで??もう半年も前の事じゃん!!みたいな感じ(笑)

でも、それを直視したら・意識したら、
このままマ マ友と笑って話せなくなると思ったから、
自分で隠蔽したんだろうなぁ・・・。

考えてみると「ママ友」って不思議な関係ですね。
友達じゃないのに「友」って付くんだもの。
子供達同士は友達でも、
ママ同士はそこまで合わないことだって、当然有り得ますよね。

でも、合わないことだってあっていい、
ってどうしても思えなかったから、ここまでこじらせたと(笑)

もう無理矢理抑え込んだ
「怖い」とか「悲しい」「めっちゃ腹立つー!!」とかが
頭の内側でものすごい圧力でパンッパンになってた感じです。

圧力がマックスにか かった圧力鍋を想像してください。

蓋を開けたくても、圧力が強すぎてロックかかってて開けられないやつ。
私の頭の中身は、まさにこの圧力鍋の状態でした。

もうパンパンすぎて、状況を言葉で説明するのが無理な感じ。
「うううううう」くらいしか声も出ない、みたいな。

なんだろう、爆発の前兆の音かな?って感じで、当然感じ悪い。
思いやりとか優しさを発揮するのが非常に難しくて、
ずっとツンケンしてました。

家族は災難だったろうなと思います。
外ヅラは最後まである程度死守するけど、
しわ寄せって真っ先に家族に行きますから。

セッションで、ここまで抑え込んできた 不安や怒りを吐き出すことが出来て
気持ちがスッキリすると同時に、
ずっとあった頭痛も楽になって驚きました。

頭の中が、軽くなったというか・・・
先ほどの圧力鍋で例えると、冷えて圧力が下がって、
開けようと思えば開けられる程度の圧力になった感じです。

圧力パンッパンだと、いつ爆発するか?!ってハラハラして怖いけど
そこそこ冷めて蒸気も抜けてたら、落ち着いて扱える、そんな感覚。

何ヶ月経っても圧力が落ちなくて(笑)
あっつあつの蒸気がガンガン出てるようなものを
1時間かそこらでクールダウン出来るんだから
しっかり感情をケアするのってすごい威力だと思いました。

セッションを受けることだけがケアじゃなくて
心を許せる、安心して話しできる友人に気持ちを聞いてもらうのも
すごく大事だとはっきりわかりました。

セッションの中で、
「あの子に話を聞いてもらおう、きっと一緒に怒ってくれる」
そう思っただけで、まだ話してないのにものすごく救われました。

友達は大事だねー!!

「セッション後の変化」

◎直後の変化◎

・頭痛が無くなる、頭が軽くなる

・首、肩、背中のあたりが力が抜けて楽になる
(比喩的な表現でなく、実際の体感として。肩こりも楽になったよ!)

・気分が明るくなり、家族に対して優しくなった
(そして子供たちが上機嫌になり、お手伝いをすすんでやった。ビックリ。)

・家事をする気力が湧いて、普段しない部分の掃除をした

・家族が元気が無い、服が毛玉できてる等に気付けるようになった
(最近気力が無くて気持ちがそこまでまわらなかった)

◎数日後の変化◎
・夫に今まで言いにくかった【夫実家の家族への気持ち】を言って、
相談できた。
(不安に思っていた事を口に出来て楽になり、
夫も負担を減らしてくれると言ってくれて安心できた。)

・「この子に相談したい」と思っていた友人から
「お茶しよう!○日は空いてる?」とメールが来た。
(メールで連絡を取り合ったのは1年くらい前だったので驚いた。
偶然にしてもスゴイ。)

・【マイナス方向】ママ友へのフクザツな気持ち(笑)を再確認して、
屈託なく喋るのが、ひじょーーーに難しくなった。
ここは、当分手探りで付き合い方を模索するしかないなぁと思ってます。
ま、次回への宿題って事で。

こうしてみると、結構変化ありますね。

直後の変化は短期的なもので、またしばらくしたら消えちゃうかもですが
悩みの種だった頭痛が劇的に楽になったとこは今後も持続しそうです。
(家事のやる気とかは多分来週あたりに消えるハズ)

今回のテーマだった「体調不良」はかなりの部分改善しましたが、
「不眠」はどうよ?というと・・・やや改善、ってところでしょうか。
少なくとも「全く寝れない!やばい!」という事は無くなりました。
寝つきはまだよろしくはないです。
子供が横でグルングルン寝返りうってると寝付けません。
(当たり前か)


Iさん、ありがとうございました^^

不眠はまだ残っているという事なので、
次回以降じっくりまた見ていきましょう~♪

またよろしくお願いします。

とどまることは出来ない

次のステージ

変わらない何かがあると思ってた。

大人になったら自動的に辿り着く
強さ、みたいな物が、あると思ってた。

年齢を重ねれば、勝手に
『分かるようになる』と思ってた。

そうじゃなかった。

私にとって大切なことは
私にしか決められなかった。

私にとって大事なものは
私にしか守れなかった。

そして、何が大切で、何が大事なのかは
ぜんぶ自分で決めなきゃいけなかった。

人も時間も流れて流れていくのに、
大きな時の流れの中で
変わらない何かを必死に掴もうとしては
途方にくれてた。

あの頃の私に…

そして、今も迷う私に…
もしなにか言えることがあるとしたら…

何を感じてる?
何を考えてる?

自分が今何を感じてるか
キャッチ出来るのは貴方だけだよ。

明日のこと、未来のことは
どんなに考えても、わからない。

わからない、がある意味で、「正解」なんだよ。

だから充分に
わからないまま「今」に居てみよう。

いま、何を感じてる?

何を感じてもOKだと思うよ。

2歳の私にRFT

アーチの中の白いバラ

先日、佐藤純子さんのRFTのセッションを受けました。 
 
その時の事を少しレポートしたいと思います。 

(純子さん、ありがとうございました!) 

RFTは、Resistant Freedom Therapy の略で、
抵抗を解放するセラピーです。
 
どんな感情もどんな思いも、 
それそのものが苦しみになるわけじゃなく、 
 
どんなモノでも、 
認めて受け入れてあげれば 
自然に緩んでいくんです。 
   
流れを止めている何か、 
抵抗している何かがあるから苦しい。 
  
ネガティブな思いは苦しいけど、 
苦しいからこそ、抵抗しているのですけれど 
抵抗があると手放せないんです。
 
だから、受け入れてあげて、 
自然の流れの中に還してあげれば、 
勝手に苦しみはパワーダウンしていくんです。 
 
その様子を簡単に紹介出来ればと思います。 
 


 

テーマ 
「2歳の時に妹が生まれて、親の視線が全て妹に行ってしまい、 
私は可愛くないと思ってしまった出来事」 

 
タッピングしながら 
2歳の私の様子を見てみると 
 
「赤ちゃん(妹)の周りにいる家族を、 
離れた所からボーっと見ている」様子で 
 
「私は構ってもらえない」と言っているようでした。 

その私に声をかけていきます。 
 
「私はかまってもらえない、 
ずっとそう思ってたね、 
教えてくれてありがとう、 
そう思って良いし、そう感じて良いんだよ。 
ちゃんとわかったよ。 
そう思って良いよ、そう感じて良いよ。」 

↑こんな感じで、ひたすら「受容」の声かけしていきます。 
 
すると、「寂しい」感情が出てきました。 
 
「私は構ってもらえない、 
そう思ったら寂しいよね、そうだよね。」 
 
その後 
寂しいっていうのを感じたくない、という思いが出てきます。 
 
「そうだね、寂しいなんて感じたくないよね。 
そう思って良いんだよ。 
そう思って、良く頑張ってきたね。 
全部全部そう思って良いんだよ。」 
 
次々に出てくる2歳の私の思いを、 
全て、丁寧に需要していきます。 
 
そうすると、最後は全ての感情が溶けていきます。 
  
「何か言ってあげたい事はありますか?」 
と純子さんに聞かれて  
私の中に自然に生まれてきた思いは… 

「妹が生まれた事せいで 
私は寂しいって思ってたけど 
そうじゃないんだよ、って2歳の私に教えてあげたい。 
 
子どもの時は寂しかったかもしれないけど 
大人になったら、 
妹が私の気持ちに寄り添ってくれる事もあるから、
最終的には居てくれて良かったって思えるから 
大丈夫だよって教えてあげたい。」
 
↑このセリフを言っているうちに、 
妹の存在は私にとって 
「私を寂しくさせるもの」から、 
「喜び」に変わっていました。 
 
その事自体、私にとって大きな深い癒しをもたらした気がします。 

その後は 
ちょっと残っている寂しさも、 
丁寧に丁寧に受容してもらって  
2歳の私が安らかにリラックスしたところで 
セッションは終わりました♡ 
 
優しい、優しいセラピーだなぁと思います。  


  

RFTは今月純子さんから講習を受けて習ってきたので 
以前から見様見真似で取り入れていましたが 
今は私のセッションでも、 
ほとんど毎回取り入れています♪ 
 
RFTを体験してみたい方は☆セッションメニューページ☆からお申込み下さい。
 

「苦労しなければいけない」

シロツメクサは復讐

継続セッションを受けて下さっているIさんのシェアです。
(掲載許可いただいております^^ありがとうございます!)


⚫︎今回のテーマは何でしたか?

苦労しなければならない。
(怒り爆発!!!!!)

⚫︎セッションで気づいた事や理解出来た事、感じた事など。

今回のセッションは、あまりにも衝撃的過ぎて、
自分がどんなテーマをセッションに選んだのか、
2日ほど、全く思い出せませんでした(笑)

今でも、どんな流れで、あのシーンへ行き着いたのか、
ハッキリと思い出せません(笑)

あの日、セッションの最後に、松川さんが、振り返りをして下さったのですが、
それもハッキリ記憶がないくらいなんです(^_^;)

そのくらい衝撃的でした(笑)

確か、、、はじめに、、、
両親の幼い頃の話をしていて、、、

そこから話が進んで、、、

私には、両親が話す批判話を、全て自分に置き換える癖があって、
自分を抑圧してきた事を思い出し、
『こうしなきゃいけない、あぁしなきゃいけない』と、
良い子でいる為に、頑張って来た私がいて、、、

このあと、セッションの記憶が抜けているので、次のシーンへ飛びます(笑)。

小学4年生くらいの私が、ポツンと1人でいて、
今の私が近づいて行き、話しかけると、
『寂しい』と言って泣き出しました。

寂しさと共に、怒りを少し感じていたので、
『怒っていいんだよー』と話しかけると、

『どう怒っていいのかわからない』と話してて、、、

その後の記憶が、またまたなくて、、、(^_^;)

衝撃のシーンへと移ります。

怒り出した小学生の私は、もう手がつけられない状態ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

『どうして1人にしてたの?(怒)』
『ずっと寂しかった(怒)』

とプンプン(*`へ´*)でした。

その怒りは、言葉では表現し切れず、
小学生の私は、まるで幼児が怒った時にするように、
両手を下に向けて拳を握り、
両脚をジャンプするように、ダンダンと床を踏みつけて、
身体全体で怒ってました。

そこからは、怒りの勢いが止まりません!!!!!!

小学生の子供とは思えないくらいのパワーで、家中を破壊して行きます。

家は、なぜかイギリスやオーストラリアにある西洋の家で、 
私の全く知らない家でした。
 
なぜだろう??  
自分の家を破壊してはいけないと思ったのかな?(笑)
 
表現できないくらいの怒りのパワーが、全身から大爆発です!!!

お皿を割り、シーツを破り、 
階段の全ての手すりは、木刀で破壊し、 
窓ガラスは粉々になり、テーブルに登り、 
シャンデリアライトはメチャクチャ、 
おまけに外に出て、車も、木刀でボコボコに破壊し、 
玄関の扉も滅多滅多、家に戻り、壁を蹴り、殴り、木刀を振り回して、 
家の中は、破壊された物がないくらいムチャクチャです。
 
その怒りは、なだめる事が出来ません。
 
怒りに怒りを重ねて、どうしようもなく、怒り続けていました。
 
最後には、怒りで、全身が疲れて、グッタリでした。

そのあとの記憶も、また、曖昧で、、、(^^;;

私が持つ不安は、両親にもあった事を知り、 
少し納得した私がいました。←こんなあっさりした記憶しかないんです_| ̄|○

⚫︎セッション後に何か変化はありますか?

過去の怒りの出来事を思い出しました。

私は、過去に、数回、ちょっとした事がキッカケで、
凄く腹立たしく思った事があったんです。

その時は、なぜここまで、こんなに腹が立つのか、
自分ではわかりませんでした。

その時は、その腹立たしさを、グッと堪えてやり過ごしたのですが、
今回のセッション後、忘れていたその怒りを思い出したんです。

その怒りを思い出して、ふと思ったんです、、、

あの時の腹立たしさは、子供の頃の私の
抑圧されたこの怒りが起因してたんじゃないかと、、、

つまり、

『私は、こんなに良い子にしてるのに、
なんで怒られなきゃいけないんだ?
どうしてこんな仕打ちを受けなきゃいけないんだ?
これ以上、私にどうしろと言うのだ?』と、

子供の頃の私が怒ってたんじゃないかと、、、

あと、凄く悲しみが出てきました。

私は、子供の頃から、ずっと自分をがんじがらめにしてきたなと 
涙が出てきました。
 
常識とか、道徳とか、 
良い子にしなくちゃとか、私には出来ないとか、 
私なんてとか、 
ありとあらゆる縛りを、自分に巻きつけて、 
 
小さな缶詰にギューっと詰め込んで、 
上から蓋をして出られないようにして来たんだと、 
ボロボロと涙が出てきました。
 

自分を抑える事で、自分を守って来たんだと思う反面、 
どうしてこんな思い込みを持って生きてきたんだろう?と 
怒りと悲しみがゴチャゴチャに出てきたり、現在、感情と向き合う日々です。

⚫︎何かメッセージがあれば

小学生の子供が、全身を使って、家中を、余すことなく破壊しました。 
物凄い怒りでした。
 
それは、私の怒りなのですが、 
自身に、ここまでの怒りが抑圧されてた事に、非常に驚きました。
 
この大きな怒りを探してくれた松川さんに感謝します。
ありがとうございますm(__)m 
 
 


 
本当に、怒りも悲しみも抑圧しまくって、私たちって何がしたいんでしょうね?

私なりの答えは、

「怒りが湧いてくる時」に書いてみました♪

怒りが湧いてくる時

バラ濃いめ

あなたが傷ついた時…
または、誰かに 傷つけられた、
と思った時…

湧いて来るモノは…

怒り、悔しさ、
憤り、悲しみ、
憎しみ、

そんな真っ黒い感情が湧いて来る時…
ありますよね。

その時
その怒りや憎しみが
本当に伝えているメッセージは何だろう?

誰かを許せないのはどうしてだろう?

「あなたが大切」
「あなたの大切なものが大切」

「あなたを愛してる」
「あなたが愛してる人を愛してる」

大切だからこそ
愛してるからこそ
生まれてくる感情なら、

それがどんなに暴力的で
汚いモノに見えたとしても

私は歓迎したい。
抱きしめてあげたい。

ようこそいらっしゃい。

愛してくれてありがとう。
愛そうとしてくれてありがとう。

守ってくれてありがとう。
守ろうとしてくれてありがとう。

そう言ってあげたい。

そして
思う存分、暴れさせてあげたい。

気がすむまで暴れたら良いし、
気がすむまで憎んだら良いし、
気がすむまで恨み切ったら良いよね。

その底の底にあるのは
いつだって光だし
愛しか出て来ないのを知ってるよ。

元々私たちは愛されていて
全てを愛していて
それしかないのに
その事をわざわざ忘れるのは

もう一度それと再会したいから。

だから何度でも忘れて良い。
何度でも忘れたい。

当たり前になって
輝きを失ったように見えるものに
もう一度光を当てるために。