アメブロ講師、のりえさんにインタビュー♪

こんにちは! 
今日は、動画アップのお知らせです。 
  
アメブロ講師、ブログコンサルタントの 
櫻井法恵(のりんちゅ)さん にインタビューして 
動画撮らせていただきました♪ 
  
(のりえさーん!お忙しい中ありがとうございます💕) 

 

前編↑が、14分26秒 
今のSNSのお仕事を始めた流れとか、 
(ぬぁんと…最初は「事務、経理」で名刺作ってたとか…)  
ガンジス川で花粉症が治った話とか。 

後編↓が、16分42秒の動画です。 
素敵なサービスを生み出したらパクられた話とか 
よもぎ蒸し最高、生理痛が消えた、っていう話とか。  

動画の始まり方が…謎にテンション高い。
録画の設定を間違えてまして 
めちゃくちゃ焦ってバタバタしてから開始したせいです。 
そして、インタビューはめちゃくちゃ楽しかった。笑 
 
お仕事に関係ない事もたくさん聞いちゃいましたが……。 
 
のりえさんは、本当に明るくて賢くて元気でサッパリしてて誠実で 
更新頻度の高さはもう脱帽というか、尊敬するしかない…です。 
   
ブログを書くときの工夫とかも話していただきました♪ 
 
のりえさん 
ありがとうございました!! 
    

過去のインタビュー動画やセルフケア動画などは
「動画一覧」ページ  をご覧下さい♪

 
 

トラウマとポリヴェーガル理論

 
あっ 
という間に2月になってしまいました…  
庭の梅が咲きはじめています。
本当に、春が近いですね。 
  
 
昨日このブログサイトのアドレスがちょっと変更になりました。 
見た目も中身も変わりませんが  
アドレスが変更になっております… 
(私以外にはどうでも良いニュースですが。笑 
もしブックマークで見に来ていらっしゃる方が居たら 
新しいアドレスで登録をお願いいたします…お手数おかけしてすみません。) 
 
 
さて! 
  
昨日のトラウマとポリヴェーガル理論のオンラインお話会の録画を 
YouTubeにアップ致しました。 
(初心者向け、予備知識の無い方にも 
分かりやすいように話しているつもりです)
 

後から見ると、もっとこう話せば良かった…とか思う事があったり 
まだまだ不勉強な所だらけで、粗も見えますが… 
  
とりあえず今の私の全力ということで 
アップしておきます。  
  
トラウマへの理解が 
自律神経の仕組みの理解と共に 
広がって、深まって行きますように♪ 
  
身体の反応はいつも最善です! 
 
だから、「反応」がフリーズだったり、 
頭真っ白になって何も出来ない…だったり 
トラウマによる反応だとしても、 
 
それで 
【自分を責めなくて良いんだよー】 
という事と 
【そこから回復して柔軟性と強さを取り戻していく力が 
誰にでもあるんだよー】 
という事が 
私が言いたかった結論です。  
  
58分53秒という 
超ロング動画ですので 
誰が見るんだこれ…と思いつつもアップ!
  
お時間のある時にご覧くださいね。 

過去に参加した方で、復習したい方にも。   

+++++++現在 募集中のもの+++++++ 
  
リアルで対面のもの 
2020年 2月29日の土曜日 10:30〜13:00
【自分と繋がるワークショップ】 
〜誰かのために、自分のために、最初から最後まで出来る事〜
 
場所:都内、総武線/中央線、東西線の「中野駅」北口から徒歩10分ほど。   
参加費:4,000円  
【お申込みフォームはこちら】
 
++++++++++++++++++++++++
 
「オンライン瞑想会」
  
zoomで繋がって瞑想する会です。 
参加費無料。 
 
2月6日(木)10:30〜  ←久しぶりの午前中の開催
2月11日(祝・火)19:30〜 
2月21日(金)19:30〜 
 
やります。 
  
【瞑想会お申込みフォームはこちら】 
 
お気軽にどうぞ。 
 

+++++++++++++++++++++++++++++ 
  
個人セッションご希望の方は、
☆メニューページはこちら☆   
 
個人セッションでは、 
時間をかけて、じっくりゆっくり潜在意識をオープンにさせて行くため 
出来ましたら継続コース(5回または10回)がお勧めです。

初めましての方、セッション受ける前にちょっとお話ししておきたい方、
事前に聞いておきたい質問などある方用に、
30分お試しオンラインミーティング(無料)ご用意しております。  
☆初めてさん用ミーティング申込みフォーム☆ 

絵を描くひとにインタビュー♪

 
私が好きな人に好き勝手にインタビューする企画、細々~と続いております。 
 
今回は、のぶこさん(ホームページこちら)  
☆のぶこさんのブログはこちら☆ 
に、インタビュー♪ 

前編
14分55秒 
絵を描いてる時、どんな感覚? 
とかも聞いてます。 
  

 

後編、 
17分47秒  
人生という流れの不思議について、
また、今年から新しく始めるワークショップについても💕

 
写真は去年の冬〜♪
私の、のぶこさんLOVE❤️がダダ漏れてる…笑 
 
2月末の都内での原画展(中野駅から10分くらいの素敵な所です♪情報は多分ブログやのぶこさんのFBなどで!)も、 
アートと踊りとのワークショップ(?)も……ほんと、楽しみです♪ 
  
のぶこさん、ありがとうございました! 
 

フラッシュバックにパタパタとタッピング

 
少し前に公園で咲いてた葉牡丹の真ん中に雨上がりの水滴が。 
綺麗でした♪ 
 
皆さま 元旦ですがいかがお過ごしでしょうか。  
 
私は喪中なので、おめでたい挨拶は控えさせていただきますが 
とある動画を作った事をお知らせしたくて書いております。
 
トラウマによるフラッシュバックに対する 
手動処理(杉山登志郎先生(精神科医)の考案されたトラウマ手動処理)の 
タッピングのやり方について解説している動画(限定公開)です。 
 
限定公開なのはですね、 
杉山先生の考えたタッピングのやり方を 
勝手に紹介しているからです。笑 ご了承下さい。 
症状が酷い方や、トラウマが重度の方が使う時は 
かかりつけのセラピストさんなどに相談しながらどうぞ♪  
  
【限定公開の動画お申込みフォーム】
 
自動返信メールで動画のURLをお送り致します。 
(もし自動返信メールが届かない場合は迷惑メールチェックボックスをチェックした後に、 
お手数ですが改めてお問合せ下さい) 
 
詳しく知りたい方は
「発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療」 
をお買い求め下さいね。 

 
今日は千葉県は晴天です。 
 
良い冬休みをお過ごしください。
 
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
その他お知らせ 
 
2020年1月のオンラインでのリラクゼーションタッピングの会  
1月22日 水曜日 19:00〜20:00 
& 
1月27日 月曜日 10:00〜11:00  
参加費:各回とも、3,000円 
   
時間:1時間(の予定。10分くらい伸びるかも?です)

【動画一覧】 
にも、EFTのタッピングポイント解説動画など載せております♪ 

 お申込みは 
☆リラクゼーションEFTタッピング☆
からどうぞ!   

+++++++++++++++++++++++++++++++  
 
2020年1月もオンライン瞑想会、企画しております。
  
1月7日(火曜)19:30〜 
1月17日(金曜)19:30〜
(↑日本時間です)  
参加費:無料です。
 
☆瞑想会お申込みフォームはこちら☆ 
 
こちらもリラックス出来ます。 
どなたでもお気軽にどうぞ。  
お待ちしております^^

++++++++++++++++++++++++++

「トラウマとポリヴェーガル理論の会」
2020年1月15日(水)13:00〜約90分  
参加費:無料です。
こちらも初心者の方向け。  

 ☆お申込みフォームはこちら☆

++++++++++++++++++++++++

☆個人セッションご希望の方は↓☆
「個人セッションメニューページ」 

個人セッションは、時間をかけて
潜在意識をゆっくりじっくりオープンにさせていくため
出来ましたら、継続コース(5回、または10回)がおススメです。

EFTタッピングで身体のエネルギーを循環させてみよう!動画♪

 

私がよくセッションで使うセラピーテクニックの一つである
EFT:Emotional Freedom Technique  
エモーショナル フリーダム テクニック  
☆詳しくはJMETサイトへ☆
 
これは、身体のツボを軽くトントンとタッピングしながら
溜まった感情や感覚を解放していく、
エネルギー心理学に分類されるテクニックなのですが
 
口で説明するよりも、動画を見ていただいた方が早いだろう! 
という訳で、感情解放のテクニック、EFTについて 
いくつか動画を撮ってアップしております♪ 

↑これ1番最初に撮った動画ね。 
ただ、タッピングポイントだけ紹介しております。 
6分50秒ほどの動画です。 

「今のままじゃダメだ、焦りを感じるけれど、私は大丈夫です」  
8分37秒の動画。 
 

 

↑「首から肩にかけて、ギュッと縮こまる緊張感があるけれど 
私は私を愛し受け入れます」
をテーマにタッピング。9分15秒。   
 

 ↑これは、頭痛にEFTタッピング。 6分38秒。
「おデコのあたりに、ズキズキした頭痛があるけれど私は私を受け入れます。」 
  
そして、もういっちょ。

↑EFTタッピングしながら身体の感覚を感じてみる動画。  
8分12秒。
テーマ無しと書きましたが
まぁ、「身体を感じてみよう」がテーマですね。 
 
寒い季節ですし、
10分だけでもタッピングしてあったまりませんか?  
 
眠れない時などにもタッピングすると副交感神経に寄って来て 
スヤーっと眠れたりもします。 
おススメ。

 
+++現在募集中のオンラインセミナーやイベントなど+++++
  
【リラクゼーションのタッピング♪】
身体をリラックスさせるタッピングを体験しよう。
12月18日水曜日10:00〜11:00
12月23日月曜日19:00〜20:00 
 
参加費:3,000円 (1回分の参加費です)
 
++++++++++++++++++++++++++++++ 
  
オンライン瞑想会
  
12月9日(月曜)19:30〜 
12月20日(金曜)19:30〜
(↑日本時間です)  
参加費:無料です。
 
☆瞑想会お申込みフォームはこちら☆ 
 
どなたでもお気軽にどうぞ。  
お待ちしております^^
  

+++++++++++++++++++++++++++

☆個人セッションご希望の方は↓☆
「個人セッションメニューページ」 

個人セッションは、時間をかけて
潜在意識をゆっくりじっくりオープンにさせていくため
出来ましたら、継続コース(5回、または10回)がおススメです。



 

半澤久恵さんにインタビュー

今日はまた、
私の尊敬するセラピストさんへのインタビュー動画を撮りました!
のでそちらのご紹介です♪ 

(前編17分ちょっと) 
 

(後編、12分ちょっと) 
 
半澤久恵さん(keeさんとあだ名で呼んでます)に
インタビュー動画撮りましたです♪ 
 
心と身体をつなぐセラピストとして
代々木公園駅近くのセラピールームで  
またはオンラインで世界中へ
セッションやセミナーを開催されています。 
 
☆半澤久恵さんのブログはこちら☆  
☆半澤久恵さんのホームページはこちら☆ 
  
今日久しぶりにじっくりお話を伺ってみて 
Keeさんは勿論尊敬する先輩セラピストさんでもあるのですが 
インスピレーションや刺激もたくさんいただきつつ
 
ああ、やっぱり、
セラピストとして、同じ方向を見ているなーーーと感じて 
すごく嬉しい&心強く感じました♪
 
全ての人が、スーパーナチュラルに
自分自身との繋がりを取り戻し、生き生きと暮らせるように。
 
どんなに表面上に苦しんでいる方でも
内側に必ずその人だけの輝きを持っています。 
見えてないだけ。  
感じられなくなってしまっているだけ。

それを取り戻す、
人によっては何気ない、静かな瞬間かもしれない、
でも、本来の自分自身のパワーと再び繋がる、
根本的に、何よりもパワフルな気づきを感じる瞬間が
セラピストとしての大好物なのですよね。笑  
(私も、keeさんも^^笑) 

そして、できれば、そもそもの生きづらさ、生き苦しさを長引かせず  
正しく効果的な心のケアが
広がっていけば良いなぁーと思います^^
 
そして大前提として
全ての人が、生命の輝きにフォーカスして生きていく事が出来ますように♡  
   
私にとって、セラピスト仲間って 
ライバルではなくて、  
心強い仲間であり、 
尊敬する人であり、 
安心出来る、最高の繋がりです♪
 
これからも色々勉強&交流させてくださいませ!

LOVE♡

 

タッピングで血流を良くしよう

現代人は身体の感覚を忘れて生きがち…
(私も例外ではなく)
 
なのでまず、 身体感覚に慣れ親しもう!
という事で、  
 
EFT(エモーショナル フリーダム テクニック)の
タッピングポイントだけを紹介する短い動画をアップしました。
(6分ちょっと)
 
 
【リラクゼーションのタッピング】 
でも勿論解説しますが、 
参加予定の皆様、この動画もみておいていただけると 
よりスムーズかと思います^^ 
 
参加予定のない方も 
良かったら身体のツボを軽くトントンして 
ストレスのケア、メンタルのケア、しませんか♪ 
  
感情解放!まで上手に出来なかったとしても、 
タッピングで血流を良くしてリラックスするだけでも 
よく眠れたりしますよー^^ 
  
個人的には心身のセルフケアにめっちゃおススメのセラピーツールです。 
  
 

++++現在募集中のオンラインセミナーやイベントなど+++++
  
【リラクゼーションのタッピング♪】
身体をリラックスさせるタッピングを体験しよう。
12月18日水曜日10:00〜11:00
12月23日月曜日19:00〜20:00 
 
参加費:3,000円 (1回分の参加費です)
 
++++++++++++++++++++++++++++++ 
  
オンライン瞑想会
  
12月9日(月曜)19:30〜 
12月20日(金曜)19:30〜
(↑日本時間です)  
参加費:無料です。
 
☆瞑想会お申込みフォームはこちら☆ 
 
どなたでもお気軽にどうぞ。  
お待ちしております^^
  

+++++++++++++++++++++++++++

☆個人セッションご希望の方は↓☆
「個人セッションメニューページ」 

個人セッションは、時間をかけて
潜在意識をゆっくりじっくりオープンにさせていくため
出来ましたら、継続コース(5回、または10回)がおススメです。

今後の野望を語る ちえチャンネル動画

対談動画その4、最終回です^^ 
 
これまでの1~3の対談動画書き起こし記事は、 
【癒しって何だろう?】ちえチャンネル動画 
対談動画その1 の書き起こし。 
 
【セラピストとして向かっている方向】ちえチャンネル動画
 
対談動画その2 の書き起こし  
 
その3は 
【セラピストって何をしてくれるの?】  
対談動画その3 の書き起こし記事 
淳子さんのnote記事 から抜粋。 
  
では、その4は   
淳子さんがまた素晴らしくまとめて下さっているので 

【これからは自己愛リテラシーの時代】対談 
↑こちらのリンクに飛んでいただければと思います♪ 
 
で、 
対談部分のみ、抜粋して以下にコピペいたします。 
(淳子さんありがとうございます♡)

淳子 ちえちゃんの「今後の野望」はなんですか?

ちえ わたしは自己愛を育てたい。みんな、ひとりひとりの内側にある自己愛を育てたい。自分と仲直りして欲しい。

淳子 「自分と仲直り」! いい言葉だねえ〜。


ちえ
 自分自身と仲良くやってたら、気持ちが安定するから、自然と周りとも仲良くできますよね。
みんな、過去の中に「仲直りしていない自分」がいっぱいいるんですよ。わたしも、だけど。

誰でも「こんな自分嫌い」っていう自分自身とか、忘れたいような過去の自分とか、誰でもいありますよね。

そういう「喧嘩別れ」したままの、過去の自分と一人一人仲直りしていくことで、「居心地のいい自分」になって欲しいなあって思うんですよね。


淳子
 (頷く)


ちえ
  普通幸せになりたいというと、どうやって欲しいものを手に入れることを考えますよね。
「稼げるようになる」「素敵な彼氏と結婚する」とか。

「居心地のいい自分になる」って、そうやって何かを得るために自分を変えようとすることではない。
でも自分っていつも自分と一緒にいるから、「稼げるようになる」「素敵な彼と結婚できる」よりも本当の幸せにつながるんですよ。

だけど、まず自分と仲直りできるといいなあ。そういう人を増やしたい。
ただ、一般的にはわかりにくいですね(苦笑)。


淳子 
そうだね。「素敵な彼と一緒にいる私」はわかりやすく未来像として描きやすいけど「過去の自分と仲直りした居心地のいい自分」っていうのはイメージしにくいものね(笑)


ちえ
 そうなんですよねえ。「自己愛が高まった自分」っていうのがひとりひとりみんなちょっとずつ違う姿だから、なおのこと伝えにくいんですよ(笑)

ただ、わたしたち、誰もが自分の幸せが何なのか、ということは心の深くで知っていますよね。
その内側の感覚に従っていけば、ちゃんと幸せになっていきますよね。辛い時は、なかなかその内側の感覚がつかめていないと思うけれど。

あ、「素敵な彼氏」、もちろんいてくれてもいいんですよ(笑) 
 
(あれこれ欲望もいっぱいの私) 
 
ちえ 淳子さんの「野望」は?


淳子
 私は、自分を真から許せる人が増えるサポートをしていきたいと思ってるんですよ。
ちえちゃんの「自己愛」と似てるけど。
誰もが自分を心底から許せる、OKをだせるようになるといいな。
そういう方法をみんなが身につけることができるようになればいいなあ。
そうやって、みんながリラックスして繋がれるといいなあと思う。


ちえ
 (うなずく)


淳子 
辛い時って、どこかで自分のこと責めてるんですよね。
他人を責めつつ、心の深くで自分自身責めてることもある。


ちえ
 誰かを責めたい時って、自分が苦しいですよね。 
  

淳子 そうそう。自分の苦しみを救ってほしいのに、そうしてもらえないと相手を責めてしまう。そして苦しみや怒りが連鎖していくんですよね。

相手を責めちゃいけない、って言いたいんじゃないんですよ。
相手を責める前に、自分の抱えている苦しみに立ち戻れるといいなあと思うんです。

無理をしないで自分の苦しみにみんなが正直になれるといいと思う。
シンプルにね。


ちえ
 自分のことを100%許せたら、敵がいなくなるんじゃないかなあと思います。課題はいっぱい残るとは思うけど。
自分を許したり、自分を愛したりしたら、世の中の問題がバーっとなくなるというわけではないけれど、そっちの方がスムーズですよね。 
 
淳子 そうそう。自分を許せてないと、いつも自分のこと責めていて不幸感でいっぱいになるから、他人へ当たり散らしますよね。

特に自分の心深くにあるニーズや望みにつながることを許せてないと、いつも心がハングリーでとっても不機嫌になっちゃうんですよ。

だからね、「〜〜してくれないお前が悪い」と他人に当たり散らす前に、「わたしは心の奥でこう思ってた、これを望んでいた、こんな風に感じていた」という自分への理解や許しが深まればいいなあと思うんですよ。

そこに立ち止まっていられるといい。

たとえば、お腹が空いている時に「なんでメシくれないんだっつ!」と相手のせいにすると、言われた方も気分があまりよくない。

「私はお腹がすいて動けないの。とてもつらい」と「自分ごと」として率直にいったほうが相手と繋がりやすいですよね。

自分の空腹のつらさをちゃんとキャッチする。
自分のつらさを自分で受け止めてあげれば、相手に対する攻撃性って低くなるんですよ。

自分を許していくために、自分を責める言葉を減らしていったり、自分自身の深いところに正直になる方法…優しくなれる方法を知っていってもらえればいいなあ。

  
(淳子さんの優しい野望^^) 

ちえ それ、いいですよね。

でも、「自分も相手も許すことはいいことだ!」と頭で知るのではなくて、自分の心からのフィット感みたいなのがないと、許せていない自分を責めてしまう、っていうところに陥ってしまいそうですね。

「わたし、自分のこと許せてないからダメなんだ〜〜〜」「誰かのこと責めたから、私またダメなんだ」みたいなね。(笑)


淳子
 「相手を責めないで仲良くしましょう」っていうことじゃないんですよね、大切にしたいポイントは。

「相手を責めてしまうくらい苦しかったんだ」という自分の状態に気がつくことができるようになれるといいですよね。

その上で、そんな自分の状態を正直にオープンにしていけるようになるといい。

より多くの人が、そんな「自己受容感」を育んでいければ、と思います。


ちえ
  クライアントさんにもよくお伝えするんですけど、辛い時に辛さを二倍にしないでほしいんですよね。
辛いことがあった時に、「私、またこんなことしちゃった」「私、こんな風に考えるからダメなんだ」っていうと、「苦しい」が二倍になるじゃないですか。

そこに行く前に、「正気」にとどまれるといいなと思う。 
苦しいストーリーに、さらに自分責めを加えて、余計に苦しむことをすることはしなくていい。 
自分の立ち止まるといいのかなあと思います。

 
ちえ 自己愛が高くなって、自分自身や他者を許せることができるようになったら生きやすくなりますよね。
「居心地のいい自分」と一緒に生きられれば、基本的にゴキゲンですから。ゴキゲンな人が増えたら、世の中暮らしやすくなりますよね。


淳子
 教育水準をあげるとか、GDPをあげる、ということも、大切だと思うけれど、ひとりひとりが(自分を好きになって)生きやすくなれれば、本当にいいなあと思います。そんな22世紀を目指そう!


ちえ
 ひとりひとり、自分自身からはじめるしかないですよね。でもどんな人のなかにも、その力はありますもんね。


淳子 
(ちえちゃんのいう)「自己愛」をベースに、好きなことをしていくと本当に幸せだよね。

ちえ  (自己愛/自己受容という)「こころの基礎体力」※をつけたうえで、野球をやりたかったら野球のコーチんところにいって野球を上手になればいい。
ラグビーしたかったらラグビーすればいい。他のものでもいい。

自己愛/自己受容ベースで人生を作り上げる人が増えるといいなあ。


淳子 そんな風になるといいね。


ちえ
 そんな22世紀…だとちょっと遠すぎますね。


淳子
 じゃあ、2050年ぐらいを目指しておこうか(笑)。 
   

   
以上です。 
対談、思いがけず盛り上がって、気づいたら15分が4本分にもなっておりました! 
全部見て下さった方、ありがとうございます♪ 
   
小貫淳子さん 改めて、本当に楽しい対談させていただき 
ありがとうございました!  
野望に向かって一歩一歩、歩いていきましょうー! 
今後ともよろしくお願いします。


 

セラピストって何をしてくれるの?ちえチャンネル動画

【癒しって何だろう?ちえチャンネル対談その1】 
と、 
【セラピストとして向かっている方向 ちえチャンネル対談その2】 
の、続きを、淳子さんが書き起こして下さったのです♪ 
  

【心理セラピストって何をしてくれるの?】淳子さんのnote
     
めちゃくちゃ素敵にまとめて下さっているので 
良かったら淳子さんの記事を見に行って下さい^^   

↑動画もよろしかったらどうぞ。 

以下、対談部分のみ抜粋。 
   

淳子:ちえちゃんは、セラピストはクライアントを癒そうとしないほうがいい、って思ってるんだよね

ちえ: この前、クラニオセイクラルセラピストのかおりさんとも似たような話になったんですよ。

「その人に良くなって欲しいと思うことすら、その人の制限になっちゃう」って、かおりさんがおっしゃってたんです。

本当にそうだなあって思って。セラピストが癒そうとしてしまうと、余計な力が入っちゃうんですよね。

淳子: うんうん

ちえ: わたしは「本来の自分に戻っていくのが癒し」って思っているんですよ。

本来の自分って、自分しかわからないはずなんです。セラピストは知らない。だからセラピストが「こういう風にすると、いやされるよ〜」といっても、そのとおりにはいかない。

淳子: ふふふ。

ちえ: セッションは余計なことしないように頑張る時間(笑)。

淳子: うんうん。

ちえ: 潜在意識に降りていくのを手伝うとか、ハートの声をきくのに耳をすますのをサポートするとか、(EFTの)タッピングするとか、癒しに関わるスキル面の具体的なサポートは、もちろんセラピストとしてやります。

でも「癒そう」というのはしないほうがいいと思う。

淳子: うん。

ちえ: 邪魔しちゃう感じがしちゃうんですよね。セラピストががんばると。その人のプロセスを。 

淳子: 自分がクライアントとしてセラピーを受けた時も「あ、セラピストさんの見せてくれる方向はその通りなんだけど、今はまだ無理だなあ」ってことがあったんですよ。

クライアントは、無意識の中で癒しのプロセスをわかってるんですよね。自分の歩いていくスピード、方向性ってクライアント本人しか知らない。

だから癒してあげるって不可能で、セラピストはただ一緒にいるしかないよね。

ただそのときに一緒にいるって、(クライアントにとって)最大の力なんですよ。

ちえ: うん。 
  

淳子: セラピストが癒さないといっても、クライアントさんが「変わる」(楽になる)ことへの焦りが生まれたり、今の自分を否定しちゃったりする時は、セラピストのサポートは必要ですよね。

それは、「今ある自分の姿」への否定の声だから、やっぱり苦しいと思うんです。だから、そんな自己否定はする必要はない、と「今のありのままのあなたの姿」をセラピストは全面的に受容していくというサポートはします。

そんな「自己否定の声」が少しずつゆるんでいくと、(クライアントのなかで)自分で自分を癒していく力が目覚めていくんですよね。

ちえ: ひとりじゃないって、大きいですよね。

淳子: うん。セラピストがクライアントを癒してるんじゃなくて、 
クライアントが自分で自分自身を癒しているんだよね。 

ちえ: ほんとそのとおり。 

淳子: そこにいるだけなんだよね、わたしたち。

ちえ: 放っておくと「自分を否定する自分」が「自分」の癒しを邪魔したりして、どうしても「本来の自分」に戻りにくくなる時がありますね。

その「邪魔」にちょっと休んでもらったり、「邪魔」の癒しをさきにやったり、っていうのを、セラピストがしてくれる。

淳子: だね。

ちえ: 本当に余計な力みもなくほっといたら、人って自然に癒されていくんですよ。本人の正しい方向へ向かっていくと思う。転んで怪我しても、自然に治る、みたいなね。本当に放っておくことができたらいい。

淳子:(うなずく)

ちえ: というわけで、余計なことをしないほうがセラピーは進む、と(笑)

淳子: 癒そうとしていない、というと、ちょっと薄情に聞こえるけどね(笑) 

ちえ:やる気ないのか、とかね(笑)

淳子: でも、やる気ないとか、意味がないとかそういうことじゃないよね。クライアントさんと一緒に(癒しのプロセスを)歩んでるんだよね。

ちえ: わたしがクライアントとしてセッション受ける時は、何の強制力もなく、ホールド感のなかで、全方向どっちに向かっていってもいいんだよ、っていう空間が欲しいんですよね。たとえ口にだしていってくれてなくてもよくて。


何にも期待されず、バッシングもされず、批判もされず受け入れられている空間に自分を置いてあげる。

(だから自分がセラピストの時は)そういう感じを大切にしてます。

淳子: それが私たちのやってることだね。 

ちえ: でも、意外と難しいじゃないですか。 
アドバイスもしない、こっちだよっていわない、って。セラピストだって自我があるわけで。 
自我にとっては難しいことですよね。
そこがセラピストとして自分がこれからも勉強していくところかなあと思います。

淳子: うん。

ちえ:「自分が本当にやりたいことはこれです。でもできないんだけど」っていう時は、「じゃあやればいいじゃない」で終わりにしない。
ハートの声がわかっていても、一歩が踏み出せない。

ハートの声だって思っていても、実は(苦しみを上塗りするだけの)頭の声だったりしますよね。

だから、無理に「よりよい自分」を目指すようなことはしない。 
そういう意味でも「役に立とうとしない」んです(笑)。

淳子:みなさんのセラピストとしての概念を大きく覆そうとしているかもしれないね(笑)。 
  

ちえ: セラピストに役に立とうとされちゃうと、クライアントにとってはプレッシャーになっちゃうこともありますよね。

淳子: そうだね。セラピストが役に立とうとすると、「今のあなたはダメですよ」っていってることになりかねない時があるからね。

それはクライアントさんの現状を否定することにもなりかねないから、クライアントにとってはきついよね。

ちえ: もちろん、クライアントさんには楽になって欲しいし、幸せになって欲しい。

でも、「わたしのセッションでよくなってくださいよ」っていうプレッシャーは与えないです。ただ、自然に「この人は絶対大丈夫」って思いながらセッションしてるんです。

それがないとセラピストはできないだろうなあと思います。
「この人辛そう、苦しそう、助けてあげなきゃ」ってメンタルでセラピストやっていると、セラピストは苦しい。

淳子: そういうセラピストに会うと、クライアントさんも苦しいよね。
力まないセラピストがいいなあ。クライアントの立場からいえば。

 

ちえ: 「よくなって欲しいけど、よくならなくても大丈夫だよ」っていうことなんですよね。

そもそも、もともとあなたは大丈夫なんだから、っていう気持ちでクライアントさんと向き合ってるんですよ。
クライアントさんへのそういう信頼感がないと、癒しの旅は苦しくなるんですよね。

淳子: うん。 

ちえ: 「セラピーやカウンセリングって、苦しいことに向き合わなきゃいけないんですよね」って思ってる人多いけど、そんなに怖がらなくてもいいんだ、とお伝えしたいです。

「もともと自分は大丈夫だったんだ」っていうのを思い出す途中で「苦しい自分」もでてくることもあるけど、大丈夫。

それは私たちセラピストがクライアントとして経験済みなので、クライアントを信じて見守ることができるんですよ。

淳子: そんなふうに(隠れていた)「苦しい自分」に1つ1つの出会っていくのは、クライアントにとってもセラピストにとっても「発見」だよね。 

 

ちえ: そうそう。地道に1つ1つ自己否定を緩めていくんですよね。
自分のことこんなにダメだと思ってたんだ。だから苦しかったんだ…ってことをわかっていく。

そういうことをやっている。繰り返していくんですよね。

淳子:そう、それをやってきたし、やってくんだよね。
そんな、地味だけど確実な癒しのプロセスを提供できたら、と思います。 
  
 
  
次は、淳子さんとの対談最終回
「これからは自己愛リテラシーの時代」 へ続きます♪

 

セラピストとして向かっている方向 ちえチャンネル動画

小貫淳子さんと松川千恵の対談動画その2

わー、↑埋め込み(?)ってやつが初めて出来たぞ!笑 
  
「癒しって何だろう?」対談動画その1書き起こし記事
からの、続きです。 

向かって左が私。右→が小貫淳子さん 

淳子さんのnote<超!おススメ> 
   
【淳子さんと対談その1(youtube)】

~以下、対談動画その2、書き起こしです~
(敬称略)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
 
ちえ:「レコーディングをします!じゃあ、第二弾!続きです。」 
 

淳子:「第二弾、はい。」 
 

ちえ:「じゃあですね、今度はですね、 
私たちがセラピストとして向かっている方向、というか 
見ている方向、ってなんなんだろう? 
っていうのをちょっと話していきたいなと思って。 
  
なんか一般的にはですね、まぁみんなそうだと思うんですけど、 
良くなりたくてセッション受けに来る… 
 
で、良い自分になりたい。ザックリ言うと。ははは。」 
    

淳子:「そうだよねー。そうそう、なりたいなりたい。ふふ。」 
 
 
ちえ:「良い… なんだろう、こう、まぁ、良い母親になりたい、とか 
仕事の出来る人間になりたいとか、まぁ 結婚したいとか、 
愛される自分になりたい、とか。 
 
何でしょうね…人気がある自分になりたいとか。」 
   
 
淳子:「うん。何かが出来る私になりたいとかね。」 
  
  
ちえ:「何かが出来る自分になりたい。 
なんかそういうこう、課題が自分の中であって、悩んで、  
 
あ~、なんでこう出来ないんだろう、こういう風になりたい、 
もっとこういう風になりたい、と思って来て下さると思うんですよね。 
 
一般的に。」 
  
   
淳子:「うん。」 
  
  
ちえ:「でも、それを私たち目指してないじゃないですか。笑」 
  

淳子:「ふっふっふっふ。ねぇ~。」  
  
 
ちえ:「ふふ。だから一体こう、どう説明したら良いのかな~…っていうのは 
ずっと課題なんですけど。」 
  
  
淳子:「うんうんうん。なんと説明して行ったら良いのか…」 
  
 
ちえ:「うん。あの、私がさっき言った、本当の自分に戻る、 
本来の自分に戻る、っていうのをやっぱ目指してるから、 
 
その、本来の自分っていうのが、必ずしも、 
自分の思い描く【良い自分像】と、同じとは限らない、というのが 
まずあると思うんですよね。」
   

淳子:「 うん。」 
   

ちえ:「良い自分になったら…  
なんかね、昔思ってたのは、なんか 仕事の出来る自分になりたい。 
ってのは すごい思ってたんですよね。」 
  
   
淳子:「ほうほう。うん。」 
 
  
ちえ:「でもそのために、まぁ仕事頑張るじゃないですか。笑」 
  
 
淳子:「頑張るよねぇ。」 
  
 
ちえ:「でもなんか、やっぱりこう、苦しいまま、というか。 
なんかそれでは解決出来ない何かがあったなぁ~と思うんですよね。 
  
だから、そのー、 
良い自分になりたいとか、素敵な自分になりたいとか、 
仕事出来る自分になりたいとか、優しい自分になりたいとか 
  
それがやっぱりこう、自分の思い描くこう、ストーリー、 
良い人生ストーリーみたいな。そういうものに向かっていく…のは 
 
私たち やらないじゃないですか。笑」 
   
(へへへ)
  
淳子:「やらないね~~。」 
   
(ニッコリ♪)
  

ちえ:「じゃ、何をしてるの?っていう。笑」 
   
  
淳子:「うん。ていうか、でも、そもそもじゃあ、実はやらないのは、 
やる必要がないと思ってるから やらない訳じゃないですか。」 
  
  
ちえ:「うん!うんうん。なんかむしろ、 
そっちに行くと苦しくなると思ってる。」 
  
 
淳子:「そう。そうそうそう。ね。 
やる必要がないと思ってるからやらない。 
 
例えば、さっき言ってた、ちえちゃんの、 
仕事が出来る私になりたい、と思って頑張ってた、ていうような、 
その当時のちえちゃんが、もし 今、 
私のセッションに来た、とするじゃないですか。 
  
そしたら、じゃあ えーと、じゃあ、 
仕事が出来る私になるような、ちえちゃんになるには 
どうしたら良いでしょうね? みたいな。 
  
そういうセッションは、しないわけですよ。」    
 
  
ちえ:「そう。売り上げで一位を取りたいんです!って言ったとしても。 
そのために何が出来るかな?っていうセッションでは、ない。」 
  
 
淳子:「そうそう。で、もし仮に、売り上げナンバーワンになりたい、 
って言った時に、楽しそうで、生き生きしてたら、
もしかしたら ちょっと違うかもしれないけど。 
  
その時の様子が、ものすごく疲れてて、 
『でも一位になりたいんです…』みたいな感じになっていたら、 
  
そこは絶対理想の自分ではなくて、
そこは 不自然な事が起きている訳だから、

そうした時に、さっきちえちゃんが言っていた、 
そうじゃないよ、気づいてない所に、   
 
気付いてない所にホントの望みがあったり、 
ホントの 在りたい姿があったりするのに、 
  
気付いてないから、 
売り上げナンバーワンを行こうとするんだよね。」 
  
   
ちえ:「うっふっふっふ。」 
  
  
淳子:「そっち、だよね。やっぱり。」 
  
  
ちえ:「本当のハートの望み、っていうか。 
本当に望んでる事に向かって行くんだったら、 
  
それがまぁ 例えば売り上げナンバーワンになりたいです、 
でも、 
良いんですよね。」 
  
  
淳子:「そう、良いの。別に。なんかもう 
天性のセールスマンみたいな人って、多分居ると思うから。 
   
自分の商品が大好きで。売ってくのが 愛してて。  
みんなに広めたい!っていう人だって。 
   
で、もっと売りた~い!って言うんだったら、 
それはそれで良いんだけど。 
    
ホントはそうじゃない…っていう所が心のどっかにあるのに…」  
 
   
ちえ:「なんかこう、受け入れられる自分になるために、 
仕事が出来る自分になりたい、って思ってました。」 
  
   
淳子:「だよね。」 
  
 
ちえ:「だから本当には、受け入れられたい っていう所だったから、 
じゃあ、そっちを見ずに、仕事の出来る自分になったところで 
やっぱり埋まらないし、苦しい。」  
  
   
 淳子:「そう、不幸せ感が…。うん。ここの部署で営業一位になった後は、 
じゃあ 会社で一位、とか。なんか限りなく。」 
   
  
ちえ:「ずーっと続きますもん。だからゴールがないなと思って苦しかった。笑」
  
  
淳子:「うんうんうんうん。そうそうそう。」
 
  
ちえ:「どこまで頑張れば良いのかな、と。」
 

淳子:「そうだと思う。だからそういう意味で、その 何ていうんだろう、 
もっと良い自分、っていうのを、目指さないっていうのは、   
私たちはそこがあるから。  

もっと良い自分を目指したって、場合によっては 
ただ単に、苦しみの上塗りになるだけだよ、って。」    
 
(身に覚えのある話や…)
   
 
ちえ:「そう、だから、良い自分になりたいっていうのが、 
頭で考えた、ウソの望み、みたいな。 
  
でも本人は、その時はそう思い込んでるんですよ。深く。」

淳子:「そうそうそうそう。別にさ、 
あの、ウソついてるつもりはないんだよね。」 
  
 
ちえ:「そう、自分は本当にこういう風になりたいんです!って思ってる。」 
   

淳子:「うん。思ってるの。」 
  
   
ちえ:「だけど、気づいてない所で、本当は、人に受け入れられたい、 
って思ってて。 
  
私あの、溝口あゆかさんの、インテグレイティッド心理学に出た時に、  
ものっすごいビックリしたのが、  
  
なんか 『人に認めてもらいたいってすごく思ってる人は、  
自分が自分を認めてないんです』、って、言われて、 
すごいショックを受けて。笑 
 
『あ、私これ?これなの?』みたいな。」   
    
   
淳子:「ガーーン!!みたいな。笑」  
  

  
 
(楽しそうですね淳子さん…)
   

 ちえ:「その時初めてインテグに触れたので。ビックリして。 
 
あ、なんか じゃあ 
認めてもらう為に頑張ってたのは、ウソだったんだ、 
じゃないけど… そっちじゃなかったんだ、みたいな。」 


淳子:「そうだよね。延々と人に認めてもらう事を続けて行こうとしたらね。 
 
余計疲れちゃうもんね。」 
  
  
ちえ:「うん。疲れてましたねぇ…。」 
   
  
淳子:「だからそういう意味で、それでは癒しに結局ならないからね。」 
  
  
ちえ:「うんうん。なんか 認めてもらえるような素敵な自分になろう、 
って、するのは、方向が違ってた。」 
  
 
淳子:「うん、違う。」 
  
 
ちえ:「どうしてそんなに認めてもらいたいの?っていう 
自分のホントの気持ちに気付いてなかった。 
  
自分が自分を それだけ認められてなかったんだ、って 
知らなかったので。」 
  
   
淳子:「うん。はぁ~、そりゃあ 腰痛にはなるよ!ははは。 
そりゃ腰痛になるよね~。」 
    

ちえ:「しかも でもそれって 無意識に思ってた事だから。 
私は自分の事を認めてないから人に認めてもらいたいんだー 
って思ったりしてなかったので。  

でも、言われてみればそうかなって思ったんですけど。笑」 
  
  
淳子:「うんうん、そうそうそう。」
  
  
ちえ:「大切なのって、自分が本当の意味で自分を認められる、とか。  
受け入れられる、とか。 
自分がホントに自分の事を大事に出来る、とか。
  
そこが一番大切で。多分私がセッションで目指してるのは 
そっちの方なのかなと思ってるんですけど。」 
   
  
淳子:「そうだよね、仕事の出来る私になる、んじゃなくて。
モテる私になる、んじゃなくて。」
  
  
(えっへへへへ) 

ちえ:「そう、モテなくても良くて 
仕事出来なくても良いんだけど
 
自分の事を自分で、オッケーだな、って思えたりとか。 
  
これで良いんだなーって感じられる。」 
  
  
淳子:「そうだよね。で、そういう風な状態になるとさ、 
自ずから、自分がなんていうの、良い感じになるから。 
 
良い方向に進んでくんだよね。結果的に。結果として。」 
  
  
ちえ:「たとえば仕事もスムーズに行くとか、 
まぁ、好きな人と上手く行くとか。 
結果的にそういう事が起こりやすくは、なりますよねぇ。 
だから…うん… 結果的に手に入ったりは、する。笑」
    
 
淳子:「うん。そうそうそう。結果として。」 
   
 
ちえ:「自分がやっぱ、自分がとてもコンディションの良い状態でいる 
っていうのは、色んな ねえ その、 
欲しいものをゲットしやすい状態だと思うので。」 
 
 
淳子:「うん。そうそうそう。で、リラックスした状態で望んでるものって、 
やっぱり、なんていうのかな、こう、 
心のスキマの埋め草にならないものを望むので、良いんだよね♪ふふ。」 
   
 
ちえ:「ホントに欲しいものに向かって行けてるっていう。」 
   

淳子:「そう。だから やっぱり 基礎体力なんです。笑 
心の基礎体力なんです。」 
 
  
ちえ:「ふふっふふふふ。」 
 
(めちゃウケてる私。)  

淳子:「すいませんここに戻って。笑」 
   
(常時落ち着いた面白さをキープする淳子さん)

 
ちえ:「そう、心の基礎体力っていうのは、 
とってもなんか私すごいシックリ来る。 
自己愛って言っても良いですよねそれを。」 
 

淳子:「あ、自己愛、自己愛。自己愛とか、自己受容感とか。」  
 

ちえ:「うんうんうん。で、その自己愛、自己受容感が、ベースにあれば、 
何か欲しいものが出来た時に、走って行く体力があるじゃないですか。笑」 
   
 
淳子:「そう。そうそうそう。行けるの。」 
   

ちえ:「ですよね。」 
  
  
淳子:「そう。あとまぁ、ダメでもね。 
 
ダメだったんだー、マル!」 
  
 
ちえ:「そうそうそうそう、ダメでも、あの、 
そこまで傷付かない って言ったら変だけど」
  
 
淳子:「全く傷付かない事はないけどね。傷付き度がね。 
ダメージ度が全然違うからね。」 
  
 
ちえ:「そうですよね。なんか私、そうですね
なんかね、友達に聞かれた事があって。  
  
前の恋愛と今の恋愛とどう違う?って。 
その 
心理とかやり始めて。 
どう違う? って言われて。 
  
うーん別に何が違うって…ないけど 
でもま、多分、自分の中ですごくこう、愛情、 
自分に対する愛情みたいな 肯定感 じゃないけど
 
『わたし素敵♪』とか思ってるワケではないんですけど、 
あっはははは、ははは。 
   
ないんですけど、
でもなんか多分、自己愛が高まってる、っていうのが違う。 
決定的に違うかなーって。」 
  
  
淳子:「違うよ~。」 
   

ちえ:「だからこう、前は、昔は、なんかこう、 
『私の事を 好きって言ってくれるなんてありがたい』  
じゃないけど、はははは。  
それぐらいのマインドだったんですよね。あの、無意識のうちに。」
  
  
淳子:「うんうんうん。」
  
  
ちえ:「でもそこからなんか、私と一緒に居れたら、 
なんか相手もきっと楽しいよね、みたいな。 
なんか、はっはっ、調子に乗ってるワケじゃないんですけど。笑」 
 
  
(↑どう見ても調子に乗ってる笑顔)
   

淳子:「良い良い。良い良い良い♪」 
 
(淳子さんは、優しい笑顔。) 
   

ちえ:「そういうマインドに変わって来たから、 
そっちの方が人間関係の作り方が、とっても 
良い状態で居られるな~っていうのは感じる。」
  
  
淳子:「そうだよね。だってそういう人と居た方が楽しいもん。」 
   

ちえ:「へへっ。そうそうそうそう、ふふふふふっ。ですよね♪」
 
 
淳子:「そう。したら自分も楽しくなるしね。」
    
  
ちえ:「う~ん。ね~。だから、ホントにすごく思うのが、 
すっごくこう、必要としてた時は、逆に愛されないっていうか。笑 
  
自分の中に愛が、自分に対する愛が少なかったりすると、 
やっぱり 人から貰おうと、すごくするじゃないですか。 
  
だからめちゃくちゃ求めるんだけど、意外とやっぱりこう、 
手に入らない。へへへへ。笑」 
  
  
淳子:「うんうん、うんうん。」
 
  
ちえ:「自分の中に増えて来て、なんか、 
いっぱい持ってる感じになってくると、
逆にこう、人に分けられるようになって、 
その結果、なんか、相手からも返ってくる、みたいな。 
そういう感じがしてます。うっふふふ。」
   
  
淳子:「うん。だよね。良い事。だからやっぱりね、 
見えない心を見ていく。
そこを満たしていく事が、大事なんだよね。」
  
  
  
ちえ:「ね。だから 愛される自分になるために頑張るより、 
そもそも自分で自分に、こう ケアしてあげようとか、  
自分で自分に愛を向けて行くという。
そっちに向かってますね。」 
  

淳子:「うん。」 
  
  
ちえ:「あ、(アラームが)鳴った。ね。じゃあ、こんな話で。」 
   

(時々チラチラ下を見てるのは時間をチェックしてます。笑)   
 

淳子:「はい。ストーリーは癒さない、マル。ふふ。 
良い自分になろうとしない!」 
    

ちえ:「良い自分になろうとするストーリーには、乗らないよ、って。 
それがホントの自分の望みじゃない限り。 
乗らないよ。 
っていう事ですよね。 
 
じゃあ、そんな感じで。 
この辺で一回停めます。はい。終了しまーす♪」
    
 
淳子:「はーい」 
 
 
++++++++++++++++++++++++++++++


 
【対談その3】
14:36 
「セラピストはクライアントを癒そうとしない方が良い」 
セラピストが頑張ってしまうとプレッシャーになるよ。


【対談その4】
12:19 
今後の野望希望など。  
「自己愛を高めた〜い」ちえ
「自己受容感を高めたい
自分を許してあげてほしい」淳子
 

  
 

という事で、対談その3とその4の書き起こしは… 
また後日…
実は 
淳子さんにバトンタッチします( ̄▽ ̄)❤
 
淳子さん、めちゃ楽しかった対談 
ありがとうございました♪