「自分にやさしいケアラーになる」連続講座ご案内

ケアラーのあなたへ冊子写真

「自分に優しいケアラー(介護者)になる」

2017年10月からの、ハートレジリエンス協会ショートセミナー
募集開始いたしました♪

今回すごく良いなと思うのは、連続講座っていうところです♪
 
私にも、毎月、ほぼ同じメンバーで集まって 
安心感でホールドされた空間で過ごしているうちに 
ほぐれて癒されて乗り越えられる事が 
いっぱいいっぱい、ありました。 
 
そういう事って、あなたにもきっとある。
 
5か月間。。。。きっと終わってしまえばあっという間ですが、 
ご一緒しましょう~♪ 

☆お申込みフォームはこちらから☆

自分を大切にしないまま
誰かを大切にするのはとても難しいこと
いつかは巡ってくる大事な人の介護(ケア)のために
今、できることから始めてみませんか。
   
 
自分を大切に
ちゃんと頼める、ちゃんと泣けるケアラーになるための講座です。
全講座とも、ハートレジリエンス協会発行の 
「介護をしているケアラーのあなたへ」の冊子(無料配布します) 
をベースに進めていきます。

固定CTWセミナー風景写真10846421_10154035942968146_9190840806535173846_n - コピー

講義を聴くだけではなく、 
参加者の皆さんが自分や自宅で実践的にできる 
自分をケアするコツやエクササイズなどをお教えいたします。 
       
また、抱えている悩みをシェアして頂くことで、 
解決のヒントも得られるでしょう。   

<こんな方へ>
・現在心身に不調のある家族の面倒をみている介護者(ケアラー)
 
・将来、誰かの介護/ケアに携わる可能性のある方
 
・自分を大切にすることを学びたい人
 
☆現在、介護/看病をしていない方でもご参加いただけます。
 
  
【講座内容とスケジュール】
いずれも毎月第3木曜 19:00~21:30(受付開始:18:30~)
   
    
第1回:2017年10月19日(木):自分の気持ちに気づくコツ/
講師:下田屋寛子

    
第2回:2017年11月16日(木):境界線 相手を思いやる 私を思いやる/
講師:半澤久恵
   
   
第3回:2017年12月21日(木):疲れない話の聴き方、気持ちの伝え方/
講師:小貫淳子
   
    
第4回:2018年1月18日(木):共依存 自分を犠牲にしないケア/
講師:浦松ますみ

 
第5回:2018年2月15日(木):大切な人を愛せない/
講師:渡辺花香里
   
    
【料金】全5回 2万5千円(銀行振込によるお支払となります)
  
※都合によりご参加いただけない回の分は音声をお送りいたします。
※セミナーの収益は、東日本大震災、熊本地震のメンタルケアプロジェクト、トラウマ、ケアラーのケアプロジェクトの活動資金となります。 
   
    
【定員】20名
参加費のお支払をもって参加確定となります。  
    
【会場】CTW表参道
東京都渋谷区神宮前5-12-7 CULTURE表参道2F

 
【お申込みフォーム】
☆パソコン&スマホ携帯共通フォーム☆
 
※開かない場合は、アドレスをコピー&ペーストしてください。
※携帯、スマホなどのメールアドレスご記入の方で、PCアドレス拒否設定をされている方には届きませんので、必ずinfo.seminar☆heart-resilience.com(☆→@へ) の受信許可をお願いします。
 
  
【キャンセルポリシー】
キャンセルに関しましては、基本的にご返金はいたしかねます。
ただし、ご友人、ご家族等にお譲り頂くことは自由です。
 
こちら側の理由でセミナーが中止になる場合は、全額返金いたします。
  
【セミナーへのご質問、お問い合わせ】
info.seminar☆heart-resilience.com  担当:大坪 まどか   
(☆→@にしてメールして下さい) 
  

【自分を大切にする事】をベースに 
安心で安全な時間と空間を、ご一緒出来ます事 
楽しみにしております♪ 

「怒り」にも存在理由がある

優しい光がおりる場所(バラ)

この肉体という芸術の世界で、
何があったとしても
最初からぜんぶ丸ごと
包まれている。

人が出会い
新しい命が生まれることも

生命のかがやきを放つ肉体が
育つことも
傷つくことも
失われる可能性も

ドラマティックな衝突も
ありとあらゆる
暗闇
痛み
悲劇
哀愁
幸福
快楽

もちろん
死ぬ事も含めて

最初から無かったかのように
忘れられてゆく事も含めて。

目に入らない
ありとあらゆる存在も

私は悲しい時に
すぐに笑わせて欲しくない。

悲しい私の
悲しみの理由を聞いてあげたい。

そこにある悲しさに気づきたい。
思う存分泣かせてあげたい。

私は怒りがある時
すぐに手放したくなんかない。

怒りを握りしめている
小さな私に
『どうして怒ったままでいるの?』
と聞いたら
『これが私の誇りを守るやり方だから』
と彼女は答えた。

【怒り】という表現は

「私は私の気持ちを
ぞんざいに扱われた事を許さない」
と言っていた。

「私は無視されて良い存在ではない」
と、私自身に言い聞かせていた。

「私には私の意思がある」
と、世界に訴えていた。

「私は私を大事に扱う事を望んでいる」
「私は愛される事を諦めていない」

それは、愛を諦めていない
けなげな強さだった。

【怒り】の表面だけを見て
否定する必要なんて無かった。

【痛み】まで含めて
全てが愛で出来ている事。

愛は暗闇も内包している事。

怒って良かった
悲しんで良かった
ドロドロの真っ黒な絶望すら
その存在を許されている場があるんだよ。

愛は 「痛みを悪い物として排除する」なんて
なぜ 君は信じてしまったの?

幸福とは 「死なないことだ」なんて
「死ぬ事は可哀想だ」なんて…
なぜ 私は無意識に信じていたんだろう?

RFT2017東京セミナー

RFTセミナー風景

先週末、都内にて佐藤純子さんによる、RFTのプラクティショナー講習会がありました。

RFT・・・Resistant Freedom Therapy 抵抗を解放するセラピー です。

自分を癒す旅の中で、勿論癒したいから癒しているのですが
それでも、『抵抗』が出てくる場面があります。

変わりたいけど、本当はまだ変わりたくない。
癒したいけど、本音では、腹の底からは、まだ癒したくない、という抵抗。

それはある意味、傷が深ければ当然の反応なのですよね。
RFTは、この時の「抵抗」を解放するセラピーです。
 
個人セッションで頻繁に使わせていただいてます。
 
優しく、本質的な、パワフルなセラピーです。
本当にありがたいです^^ 
 

このRFT2日目のセルフワークの時間
アシスタントの私もセルフワークしてました。

トントン・・・
 
どんなビリーフに取り組んでいたか?というと
『私は大した人間じゃない』
(大成しないとか、凄い事は出来ない、
立派な人間じゃない、という意味で)
 

私はこのビリーフが、
自己価値の低い 私 にさせていると思ってたし
 
このビリーフが、
ショボい私 を作り出していると思ってたし
 
とにかく、この
『私は大した人間じゃない』というビリーフは
悪者にしてました。
 
(注:もちろん、それも無意識に自動的に、ですよ?)
 
 
でもこれが私を守っていた。
 
 
『私は大した人間じゃない』
 
そう信じていれば
凄い事が出来なかった時に
何か失敗した時に
私は私にガッカリしなくてすむ
 
私はものすごく
自分にガッカリしたくなかったんです。
 
ずっと一緒に生きていく自分に
ガッカリしたくなかったんです。
 
私は自分がそれだけ大事だったんです。
 
絶対にガッカリしたくない、
それほど大事だったんです。
 
そうやって私の自我は
生き延びて来ていたのでした。
 
自分を縮こまらせている敵だと思っていたものが
誰よりも私の味方だった。
 
最初からずっと
私のことを誰よりも
大事にしてくれていた。
 
 
これだけじゃない。
すべてのビリーフがそうなんです。
 
 
どんな悪者ビリーフにも
どんなネガティヴビリーフにも
あなたを守るミッションがあったんです。 

それを思うと泣けてくる・・・♥
 
 
だから生まれて
だから握りしめて
 
だからこんなにも、信じて来たんだね。
ありがとう^^
 
I love you & me always♥

RFTセミナー後

セミナー終了後の満面の笑みの私たち。
この写真撮ってくれたひらぼん、ありがとう♪

「私は被害者」という強い思いが手放せない

%e8%8f%96%e8%92%b2%e5%92%b2%e3%81%8f

継続セッションを受けて下さっているMさんのご感想です。
(掲載許可いただいております。ありがとうございます♪)

お茶タイム付きセッションを受けていただいております。

「セッションのテーマ」

「私は被害者」という強い思いが手放せない。
自己ワークでそのテーマについてやると、 
「被害者ではない私は、加害者になってしまう」という強い恐れが出てきた。

「セッションで気づいた事、感じた事、理解できた事」
「被害者の私」の言い分をよく聞いてもらい、いろいろな気付きがありました。

私の中に「この世界は被害者と加害者しかいない」という強い思い込みがあって、 
だったら自分は被害者側でいたいと願っていました。

 
「被害者の自分」は6〜7歳くらいの子どもの姿をしていて 
『大人になると力を持って、加害者側に立つようになる。 
だから、自分はずっと子ども(被害者)のままでいるんだ。』 
と教えてくれました。

 
そして、加害者からいじめられたり、何かを奪われたりすると、 
「怒りのパワー」が湧いてきて、普段は言えない事を言える勇気や、 
パワフルな行動力が生まれるんだという事も。

 
ちえさんに「それが無くなるとどうなるの?」と聞かれると、 
か弱いアヒルのひな鳥のイメージが出てきました。
 
ひな鳥は、お母さんアヒルのお腹の羽毛に隠れたり、 
外に飛び出したりして、 
とても危なっかしい感じがしました。
 
『なんにも考えていない悪い子』
『自分の身を守る事や、世の中には危険があることを知らないボケーっとした子』
『お母さんアヒルに迷惑をかけている』
 
ひな鳥を見て、そう感じました。

ところが、その場にお父さんアヒルがやって来ると、安心感が生まれました。
お父さんアヒルは安全な場所を作り出す存在でした。
 
『子どもは何も考えずに遊んでもいい』
『大人にとって、子どもの安全を考える事はわけもない』
と教えてくれました。

 
次のシーンで、私のエコーは子どもの頃に住んでいた町の公園にいました。
自分も子どもなのに他の子どもたちに、 
『いろいろなことを自分で考えなきゃいけない!』と主張しています。
 
その公園に私が入っていって、エコーに話を聞くと、 
エコーは泣きながらこう言いました。
 

「いろんなことを自分で考えてないと、お父さんとお母さんが不機嫌になる…。」
「他の子は何も考えてないのに、大人に大事にされて、ずるい!」
「私は頑張って自分で自分の事を考えているのに、それでも大人は不機嫌になる!」
「他の家の子も、同じ目にあえばいい!!」

 
私は、そんなふうに思っていたんだ…。 
そう言いたかったのに、ずっと飲み込んでいたんだ…。 
今まで、気がつかなかった…。
 
エコーの涙と私の涙が流れ続けました。
 

その間、ちえさんの「そうだったんだね。教えてくれてありがとう。」 
という優しい声の通りに、エコーに話しかけ続けました。

 
やがてその公園にお父さんアヒルが来てくれて、 
安全な空間を作り出すと、エコーも他の子どもたちも、 
何もかも忘れて楽しそうに遊び始めました。

気がすむまで遊んで日が傾いて来ると、 
エコーは他の友だちに「暗くなる前に家が遠くの子から帰ったほうがいいよ」と、 
また注意し始めました。
 
でも、それだけ伝えるとすぐに気が済んで遊びに夢中になりました。
そこには『自分の事を自分で考えなきゃいけないんだ、みんなもそうするべきだ』 
というきゅうくつな思いはもうありませんでした。

 
守られた安全な公園で、何も考えずに夢中で遊んでいる自由な空気感を、 
からだじゅうに感じて、セッションを終えました。

 
セッションが終わった後の体は、肩の荷が下りたような、 
面倒な問題が解けたような、いい感じがしました。

「セッション後に何か変化はありますか?」

セッション後、この日の気づきについて、ふと考えることがあります。
 
セッションをしてもらって
「被害者は奪われる者、加害者は奪う者」という思い込みがゆるんで、
「何も奪うことができず、与えることもできず、増えたり減ったりする事もない」
という初めて知る感覚を受けました。
 
だから、被害者はいない(なれない)し、加害者もいない(なれない)。

 
本質のところにある、自分自身のパワーや生命力のようなもの、もしくは愛というものは、 
掻き立ててても波立つ事もないくらいドッシリと大きく、不動で、 
奪ったり奪われたりする事はできない。
 
それは全てにあるから、どこかを削ってどこかに増やすというような事はできない。

そんな風に思うようになりました。

 
「怒りのパワー」がない自分は、何もできないひ弱な存在だ、という感じも薄れてきました。
怒らなくても、言いたい事を普通に言えばいい。
何かをやりたかったら、 
力を蓄えてからやろうとか、先のことをよく考えてからだと足踏みしないでただやればいい。
自然にそう思います。

「私に何かメッセージがありましたらどうぞ」

お茶会をいつも楽しみにしています。
セッションで気づいたことをちえさんに聞いてもらったり、 
初めての感覚について「これ何?!」と聞いたり。
 
セッションで体感的に気づきがあり、お茶会で言葉に変換してまた深く理解する!
お得だな〜とありがたいです。
そしていつも笑いで終わるのが、ほんとに楽しいです♫
また次回を楽しみにしています。 
 

===========================================

Mさん、ありがとうございます。
いたってマジメにセッションしているのですが、
終わってからお話していると、爆笑しちゃうんですよね。。。。笑

お茶タイム付きセッションも、正式メニューにあげましたので、
ご興味ある方はどうぞ♪ 

☆セッションメニューページ☆

「胸にある 漠然とした不安」

紫のお花
 

お茶タイム付きセッションを受けて下さった方からのご感想を紹介します。
(掲載許可いただいております^^ありがとうございます♪)

 
「セッションのテーマ」

胸にある、漠然とした不安
特に、やらねばならないことを思い出した瞬間に胸に広がる。

「セッションで気づいた事、感じた事、理解出来た事など」

出てきた感情、そこにある辛さ、感覚を順々に受け入れていく。
 
「そう感じていいんだよ」 
「苦しいと思って当たり前だよね」と語りかけてもらうことで、 
硬く鋭く存在していた「何か」が緩んでくる。
 
 
「その感覚は、どんな役割をしているでしょう?」
感じるままに答えていくと、不思議、、、。 
「何か」は消えて無くなるのではなく、私の中に細かなさざ波となって同化していく。 
その暖かさ。 
柔らかさ。  
「何か」が喜んでいるみたいで、私も嬉しい。

セッション後は、スッキリしたと言うよりも、 
胸の中に濃厚な心地よさ〜愛⁉︎〜がいっぱいになった感じ、と言ったらいいかな。

「セッション後に何か変化はありますか?」
 
2日経ってみて、以前なら多分不安を感じたと思われる瞬間がきても、 
わずかに胸の奥が揺れるのみで、不安が大きく広がることはないようですが、 
時折ちょっと不安かなぁ〜と感じた時には、 
セルフでトントンしながら「不安があるのは当然だよね〜☺️」と共感してます。
いい感じです。 
 

ちえちゃん、お世話になりました。
とてもわかりやすく話してもらい、わかりやすかったです!

 
================================= 

ありがとうございました~♡ 

不安とか、硬くなって存在している何か・・・
それが一体どんな声を持っているのか、
一緒に探検させてもらって、嬉しかったです。

2016年の終わりに

img_9109

久しぶりに、今年最後のメルマガを書きました♡

メルマガ登録はこちら☆こちら☆から〜〜
(バックナンバーも、登録したらほぼ読めるよ〜♪)

http://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/51143

今日は妹のいう
「この世にあった天国」に行ってきます。
*この世の天国=ラクーア、らしい。笑

疲れ気味なので、癒されてきます♡

お茶タイム付きセッションモニターさま募集

img_8397

【私とセッション+お話しませんか?】

新メニューのモニターさま募集いたします!

セッション(70分ぐらい)+お茶タイム(50分ぐらい)
の、
セットメニューをモニターさま募集いたします。
お茶タイムは、セッションの前でも後でもOKです。

「受けたいけど何をテーマに受ければ良いのかな?
相談してから受けたい。」
(自分で決められない不安ベース←私アルアル)

とか

「少し話しをして慣れてからセッションを受けたい」
(人見知り←私アルアル)
とか

「セッションの後に色々質問したい」
(好奇心アルアル←私)

「終わった後にゆっくり振り返りたい」
(噛み締めたい←私アルアル)

「ちえさんとお喋りしたい」
(私本人に興味アルアル←※期待し過ぎには要注意)

お茶タイムのテーマは、何でもOKです。

愚痴聞いておくれでも
ノロケ聞いておくれでも良いよ。笑

セッションでは
私が個人的な意見を言う事はありませんが、
(ひたすらご本人の内側に寄り添う旅路ですので…)

お茶タイムに話す事は、
私という自我、個人の意見になります。

それを理解した上で、
個人的な体験や意見や
アドバイス聞きたいのよー! っていう方にオススメ致します♡
(注*女性限定です)

これは、自分自身が、
セラピーとインテグレイティッド心理学に出会って
学んで、身につけていく過程で、

ただ勉強して ワークして
セッション受ける時間だけじゃなくて
(勿論こっちが本番?なのですが)

同じ事に興味のあるお友達や、先輩方に
豊富に注いで貰った 愛のあるアドバイス、励まし、共感に、
たくさん育てて貰ってきた感覚があるし、

なんていうか、
魂の同志みたいな仲間には、
理屈を越えて本当に力を貰って来たんですよね。
(それは今でも♡)

そんな訳で

私という「癒しオタク」との、何気ないお茶タイムを
必要としてる方もいらっしゃるのではないか?

そして、それを私は今度、
もしかしたら同じ道を歩いてるかもしれない 誰かに
シェアしたいし
一緒に学びたい
一緒に成長したいし
一緒に喜びたいのです。

そんな動機で作ったメニューです。

ちなみに、私のアドバイスは、
「何故か凄まじい説得力がある」
「何故かとても元気になる」
「何故か笑いが止まらなくなる、楽しくなる」
などと言われます。

凄まじい説得力で元気になりたい方
お待ちしております♡♡♡

モニター価格 16,000円+レンタルルーム代です。
お茶代もご自身の分はご負担いただきます。

☆申し込みフォームはこちら☆

↑開かない方は、↓こちらをコピペして下さい。

https://ws.formzu.net/fgen/S30137028/

モニター価格は、12月12日までにお申し込みいただいた方とさせていただきます。

(スカイプでこのメニューを受けたい方も可能です。
その場合は、スカイプで希望しますと
申し込みフォームの中でコメントして下さい。)

「どんな感覚も受け入れる」

セッションを受けて下さっているTさんからのフィードバックをご紹介します。
(掲載許可を頂いております。ありがとうございます。)

%e8%8f%96%e8%92%b2%e5%92%b2%e3%81%8f


「今回気づいた事」

どんな感覚も受け入れる。ネガテイブな思いも。 
嫌な感覚がした時は、その思いに抵抗してるという事。
痛い、苦しいという感覚さえも、「いいよ、そこにいて、いいんだよ。」
目からウロコでした。
えっ、そうなの?いいの?って思いました。
   
    
そしたら、嫌な事があった時、無意識に、嫌だと思っちゃいけないと確かに思ってました。
「緊張したらだめだ、」 
人が怖くて恐怖がわいてきたら、「だめ、伝わってしまう」とか。
学校近くに行けば、嫌な事を思い出して、「早く忘れなきゃ。」
 
本当に無意識に、ひとつひとつ、ほとんど否定してるんです。
自分で自分に。
 
もう、なんて言っていいか分からない悲しさが出てきました。
 
事が起こる前から、その状況や人の雰囲気で、無意識に否定する思いが出てて、 
それさえ、認められず抵抗していた、事に気づき、愕然としました。
 
これが自分の物の見方のせいで、全てそうなってるように感じてしまうとか、 
自分が自分の現実を作ってるってこういう事なのか、と、分かり、理解できた気がします。
 
本当は、人って何にもなく、きっとまっさらで生まれてきたのに、自分を否定する思いのせいで、こんなにずっと自分を痛めつけてしまう。 
それにさえ、抵抗をして苦しんで生きてきたんだなぁと思ったら、自分に申し訳なくて、涙が止まりませんでした。
(セッション後)今日は泣いてばかりです(笑)
   
   
気づかなくて、分かってあげられなくて、いつも責めてばかりで、 
否定して、抵抗して、ごめんねって思いました。 
 
もう、どんな感覚があってもいいんですね。
毎回、大きな気づきが必ずあって本当にびっくりです。まだまだ、お願いしたいです。 


 

ありがとうございます。

まだまだ見ていきたい思いが沢山あります。
 
これからもよろしくお願いします^^

「特定のタイプへの恐怖、いつもある不安」

img_8384

セッションを受けて下さっているTさんからのご感想をシェアします。
(掲載許可頂いております。ありがとうございます♪)

「セッションのテーマ」
特定のタイプの人への恐怖、いつもある不安。

「セッションで気づいた事、感じた事など」

調子に乗ったり、嬉しいとか、全身で喜びを表現したら、怒られる、
一気に落とされる、ダメ、いけないんだ、という記憶。
嬉しいのに喜ばないって、幸せを感じたらいけないって、
辛い思い込みだなぁと思ったら、自分で泣けてきました。

「セッション後の変化」
直後は泣いてスッキリしたからか、清々しい気持ちでした。
ジワジワと松川さんに分かってもらえたという嬉しさが込み上げてきました。

ADHDだという事をそのまま受けとめて下さった事が何より嬉しかったです。
周囲の人にはなかなか理解して貰えなかったので。
今まで、悩んでいた事のほとんどが、ADHDに繋がると分かって、
何故か私自身ホッとしたのですが、「感情」に関しては…

私は人の痛みが分かる人間だと自分で思っていたので…
でも、分かっていなかったんだなぁ(⌒-⌒; )
と、妙に納得しました。
感情の大切さが分かりませんでした。

もう、他人や状況の変化には期待せず、
純粋に自分の感情(?がまだ分からないので)
松川さんの教えてくれた通り、身体の感覚に気づくワークをしてみようと思います。
ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

ご感想は以上です。

Tさん、ありがとうございます(^^)
これからもよろしくお願いします!!

「どんな自分が出てきても大丈夫」

img_8383

継続コースを受けていただいた方からのご感想です。
(掲載許可をいただいております。ありがとうございます♪)

「今回のテーマ」

電話をかけることに対する恐怖→
イライラしてる人に感情をぶつけられる

「セッションで気づいた事、理解出来たこと、感じた事」

イライラしてる人に感情をぶつけられても言い返せず、
私が悪いと思い込んでしまった自分はいつからいたのか…
4~5才のエコーが出てきて、セッションのときは母親の言動にビックリして怖がってるのと、
悲しんでいる感情が湧いていて、
母親に突き放されたような感じかと思ってましたが、
その後の自己ワークで、母親の目付きや声のトーンや言い方が、
脅されているように感じていて、
その時の自分にとってはものすごーくショックで怖くて悲しくて、
でもそれを出してはいけない絶望感やあきらめがあって、

その脅されているような感覚とそれにくっついてる感情が、
何かあるごとにひょこひょこ出ていたんだなぁと理解しました。

私が、イライラしている相手(自分の立場を利用する人や完璧主義の人に限る)の感情のはけ口になったり
何も言い返さないという対処法を身につけたのは、
こういうところからなのかと思いました。

もう少し、この時の感覚、感情をスッキリするまで自己ワークしてみたいです。
そして、エコーが今の私に伝えたかったこと、
また私からエコーに伝えたいことをもう一度じっくり受け取り合い、
仲直りしたいと思っています♪

「セッション後に何か変化はありますか?」

上記にも↑書きましたが、このセッションをきっかけに、
その後セッションでは出て来なかったしっくりくる思い、感覚が出てきました。
あと、違うテーマも出てきたので、自己ワークが楽しみです♪

「5回のコースが終わってみて何か変化はありますか?」

最初のほうは思考が優位になって、中々感情、感覚を感じることが難しかったし、
自分嫌い度がものすごく高かったような気がします。

でも自分にしか自分自身を癒せないというのが腑に落ちて、
自分を癒していく決心をして、
ちえさんに力を借りて感情、感覚を感じることに少しずつ抵抗がなくなってきました。

どんな自分が出てきても大丈夫という感覚が
少しずつ大きくなって、自己ワークをするのも楽しくなってきています♪

自分でなんとかしようと思ってたけどなんともならず、
勇気を出してちえさんのセッションを受けることを選んだ自分を褒めたいです(←あっ、自分へのメッセージになってる…笑)

自己ワーク、セッションを受ける、
講座を受ける(正しい知識を身につける)…

全部体験してみて、全てが相乗効果でつながっていると感じています。

ちえさんのセッションはもちろん、
その後のお茶タイムでのお話はものすごーく気付きや学ぶものが多かったので、
本当に感謝しております(’-’*)♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

ありがとうございます(^^)

セッションは、ひたすらクライアントさんの内側に入っていく時間です。

なので、少しお話したいなーとか
色々聞いてみたいこともあるなーとか
そんなご要望にお応えするべく、
「アフターお茶タイム付きセッション」
☆女性限定☆
を2016年12月からモニターさま募集したいと思ってますので、
お楽しみに〜〜♪