「面接が怖い」

image

継続セッションを受けて下さっているМさんからのシェアです♪
(掲載許可ありがとうございます!)

 


セルフワークではどうしても自己流なので、気付いたら行き詰まってる・・・ 
ってことも多いのですが、 
先日のセッションではちえさんの導きで、 
「あれっ、そっち!?」と驚きながらも軌道修正が働いて、 
気付いたら否定していた自分の存在をそのまま感じて、 
その否定してた自分に申し訳なさやありがたさがじんわり湧いてきて、 
その分だけ心が軽くなったような感じがします。
 

「セッションのテーマ」
面接が怖い

面接が怖いというテーマから、ちえさんの導きを借りて掘り下げていくと、 
「中身のない自分」という自己イメージが出てきました。 
6年前にもこの自己イメージが出てきたのは覚えていて、 
自分の中ではその時疑問に思ってたことから解放された感が大きかったので、 
もう解決しているものと思ってましたが、そうではなかったんだ 
という驚きが大きかったです。
 
自分の中に「もう解放できてるから」という思いが出てきたときは、 
要注意だなと思いました!!

この「中身のない自分」は、私の人生に常に存在していたのか。
中身のない子供の自分、 
中身のない末っ子の自分、 
中身のない友達としての自分、 
中身のない社会人としての自分、 
中身のない看護師としての自分・・・

だから無意識に「私ダメなんです」オーラを発してたのか・・・

「中身のない(という思いを持ってる)自分」は存在をきちんと認めてもらえたことで、 
安心したようです。
 
ただ、帰りの電車の中でノートにセッション内容を書いて振り返ってる時に、 
まだもやもやセンサーが作動し続けてる感じがしました。
 

「セッション後の変化」
帰宅して、もやもやセンサーの出所を探るべく瞑想していると、 
再び自分自身の見たくない何かを隠しているような感覚が蘇ってきました。
 
そして出てきたのは「私は自分の損得でしか行動できない人間」というものでした。

さらに、この自己イメージを持つようになった背景を探るべく、 
ここ数日間、感情、感覚を感じてみることに意識を研ぎ澄ましていると、 
再び4~5才頃の自分が出てきて、目の前で飼っていた犬(シロ)が交通事故に遭った時の場面が浮かんできました。

その場面も以前出てきたことが何度かあったので、もう解決したものと思ってましたが、 
エコーが全身を使って混乱を表現している姿をみて、 
「あぁ・・・これは最初に感じた衝撃、ショックを解放しただけで、 
その後に続いた苦しい感情は中途半端にしか解放できてないんだな」 
とやっと理解できました。

そして、エコーの発しているエネルギーに集中していると、その詳細が分かってきました。

なんでシロ死んだの? 
シロだけが心の拠り所だったのに! 
シロだけが自分を分かってくれる存在だったのに!
なんで自分を置いて
シロがいなくなるなんて嫌だ!!
 
シローーー!!!
 
怒り、無力感、喪失感、見放された感 、哀しみ・・・
混乱して全身をバタバタさせて泣き叫んでるエコー。

そしてシロがいなくなったという事実を認めるざるを得なくなると、 
「私は愛されない。私はひとりぼっち。 
そんな自分が、一体これからどうやって生きていけばいいんだ・・・
誰かに助けて欲しい。愛して欲しい。
でもひとりぼっちで生きていくしかないんだ。 
シロ以外分かってくれる存在がいない自分は、 
誰にも頼らずひとりぼっちで生きていく術を身につけるしかないんだ
きっともう、自分はこの先楽しく暮らすことなんてできないんだ
自分はますます愛されない人間になるんだ・・・」

こういう思いを持ってることで、最初から苦しい未来になることを多分予想していて、 
それでもそこへ飛び込んでいくしか、 
その時の自分にはなす術がないんだという決断と覚悟をした時の、 
ものすごい不安感や恐怖、プレッシャー 、孤独感、あきらめ、絶望・・・
 
ひとりうずくまってる姿から、そんなエネルギーがエコーから伝わってきました。

特に虐待とかを受けたわけでもないのに、なぜそんなビリーフを持ってるのか 
自分でも不思議で驚きですが、今まで疑問に思ってたことも 
そのビリーフが影響してるのか!と、腑に落ちたような感じがします。
 
そして、そこまで思い詰めてた自分を、私はずっと置き去りにしてきたんだ・・・ 
という思いに至った時、 
瞬間的に心の底から申し訳ない気持ちと、 
それでも今まで生きてきてくれた自分の強さを感じました。

これからまた、その子に寄り添って癒しの時間を取りたいと思います。 
 


 

Mさんありがとうございました!

継続セッションしていると、一つ終わったときまた次が出て来たりします。
そんな時は、 
「おお、こんなのがあったのね、また次に見つめていこうね♪」っていう感じで、 
定期的に自分とデートする感じですよね。

Mさんまた次回もよろしくおねがいします^^

5回コースのご感想「自分を見つめる」

image

5回コースを受けて下さった方のご感想です♪
(掲載許可いただいております。ありがとうございます!)


私にとって、この5回のセッションはプロの方から受けた
初めのセッションで、
毎回毎回、とても貴重な経験でした。

受け始めてから、「自分を見つめる」ということを
より深く、具体的に行えるようになりました。

何より、私にとって5回続けて受けられたということが
大きくて、回を重ねるごとに、私が無意識に持っていた
セッションそのものに対し、自分自身をさらけ出すことへの
恐れや壁のようなものがどうでもよくなっていきました。

たぶん、まだまだいろいろ残っているんだと思います。
長い間抱えて生きてきたものだから(笑)

でも、それを抱えてて大丈夫なんだ、という気付きもありました。
ちえちゃんがセッションで何度も何度も小さい私に言ってくれた言葉です。

「そんな思いを抱えていたんだね。そのまま持っていて大丈夫だよ。
教えてくれてありがとうね。」

今でもこの言葉を思い出すと涙が出そうになります。

ダメな自分も、不安な自分も全然このままでいいんだ。
と気付きはじめてから、何だかとっても楽になりました。

「間違ってはいけない、正しくなければいけない」と
幼小期から持っていた思いにも向き合うことができ、
そのためずっと体が緊張していたことがわかり、
それが普通だった自分は今まで大変だったなぁ、と。

大きな気付きを貰った今は、また暫く自分自身を
静かに見つめる作業を続けてみようと思います。
ありがとうございました。


読み返すたびにジンと来ます。
ありがとうございます。

そんな思いを抱えていたんだね。
そのまま持っていて大丈夫。
教えてくれてありがとう。

私も、この言葉が大好きです。

自分を責める思考、自分にダメ出しする思い、
さまざまなネガティヴな感情
すべてを持っている私たちに
いつもこの言葉をかけてあげたい。

いつか自然に溶けていく時までは、
持っている事が自然なのだから。

ありがとうございました。

またお会いしましょう♪LOVE!

「親しくない人からのアドバイス」

雨上がりバラ

継続セッションを受けて下さっている方からのご感想を頂きました♪
(掲載許可いただいております。ありがとうございます)


テーマ:「親しくない人からの上から目線のアドバイスが嫌だった」

「セッションで気づいた事、理解出来た事、感じた事」

嫌だなと感じながら、そう感じる自分にも罪悪感や「心が狭いんじゃないか」など 
バッシングしていて更に苦しんでいたことに気がつきました。
 
全員のことを好きにならなくて良いし、苦手な人がいても良いし、 
苦手な人も苦手じゃなくなる日も来るかもしれないと思うと、 
自由な感じで体の力が抜けました(^-^)
 
あと、その人が苦手だと感じた点をあげていったら、 
全部自分に禁じていることだと気がつきました・・ 
 
それをしてしまうと、周りから引かれて、1人になってしまうというイメージが湧いてきたので、 
ちえさんの誘導でその自分に受け入れの言葉をかけていったら緩んでいきました。 

今はその人が苦手で距離を置きたい自分にも大分OKが出せました。

トークセッションをしてもらったことで、漠然とした嫌な感じから、
どういう所が嫌だと感じるのがクリアになったので、
更にその辺を見つめていきたいと思います!


ありがとうございます^^

苦手な人が居てもOK
全員の事を好きにならなくて良い♪

それってとっても自然で、自由な感じがします♡

5回コースのご感想:「怒っても良いんだ!」

青空と雲

5回コースを終えられたTさんからご感想をいただきました。
掲載許可頂いております。ありがとうございます♪


5回コースを受け終わってから、1カ月半が過ぎました。
セッション期間の途中、日にちを、こちらの事情で延期していただくというハプニング続出でしたが、 
振り返ると、それは必要な延期だったように思います。
 
回数を重ねる度に、濃厚なセッションとなり、 
特に5回目のセッションは、私にとって絶妙なタイミングで受けたセッションとなりました。

5回目のセッションの数日後、身内に、病気1名、手術2名と、 
わずか数週間と言う短い期間に、立て続けに大きな出来事が起こりました。
 
かなり衝撃的な出来事でしたが、セッションを受けていたお陰で、 
この3つの出来事を、冷静に受け止める事が出来ました。

おそらく、以前の私だったら、頭の中でグルグル考えて、 
抜け道がなくなり、悲しんだり、沈んだりしてただろうと思います。

けど、今回は、 
『考えたって仕方ない! 出来る事しか出来ないから、私に出来る事を考えよう!』 
と思えました。
 
結果、衝撃的な出来事は、私の中では、事がうまく運び、 
最善を尽くせたのではないかと思います。

それから、怒りについても気づいた事がありました。
 
私は、小さい頃から、自分の感情を押さえていた 
(押さえていた事もわからなかったです)ので、 
自分自身がどう感じてるのか?が、わからず、自身の感情が見えていませんでした。
 
先日、ある出来事が起き、怒りが込み上げてきました。
 
以前と違い、ただ怒ってるだけではなく、もう1人の私が、『私、怒ってるんだ』と冷静に見ているんです。
そして、『自分の思った事を言って何が悪いの?何で、嫌と言う事が悪いの?』と、 
怒りながら、幼い頃の出来事が急に思い浮かびました。

幼い頃の私は、その時『嫌だ』と主張し、怒られたんです。
 
当時の私は、自分が悪い事をしたのだと悲しんで泣いて、 
親に謝って終わったのですが、その根底には、大きな怒りが隠されていた事が、わかったんです。

今の私の怒りの原因と、子供の頃の私の怒りの原因は、同じだったんです!!!!!
 

今回、怒りながら、怒っても良いんだ!怒りを抑えず、存分に(笑)、 
怒っても良いんだ!
これからは、もう怒りを抑えないぞ!と思いながら、怒りました。
 
表現が変ですが、こんな感じだったんです。

2つの大きな出来事の気付きを、お知らせしましたが、 
他にも小さなものは、たくさんあります。数え切れません。

5回のセッションを受けて、日常の生活の中で、 
自分の感情に気付くチャンスをたくさん頂きました。
 
ある出来事を紐解くと、過去の出来事に繋がったり、、、

まつかわさんとご縁を頂けたのも、偶然ではないんじゃないか?と思います。
 
出会えた事に感謝します。
ありがとうございました。
 


自分の感情を押さえている事にすら気づかないで生きて来た。。。

これ、これ、私もずっとそうでした~^^笑

誰も「感情を大切にして生きていきなさい」って教えてくれなかったですもんね!笑
我慢しなさい、とか
人に迷惑をかけるな、とかは、良く言われましたけど。

なんだか最近、私はクライアントさんとは並々ならぬシンクロ率を感じております。
ご縁って不思議です。

「私は将来どうなりたいのだろう?」

バラに囲まれるベンチ

継続セッションを受けて下さっているTさんから、シェアです♪
(掲載の許可を頂いております。ありがとうございます。)


「セッションのテーマ:わたしは、一体(将来的には)どうなりたいのだろう?」

「セッションで感じた事、理解出来た事、気付いた事など」

わたしはどうなりたいのだろうと思うとき
不安な感じの
エネルギーがぎゅっと硬く収縮した
下を向き、うな垂れた様子で
立っているわたしのエコーがいました

ちえさんからの問いかけ中に、
こぽっと 、過去の目指していた職業が
実は本当にやりことではないと気が付いて
そこから、どうしても取り組めなくなったという
挫折の経験が浮かび上がりました。

あぁ、これか。このかんじ、おんなじだ。

あのときの、世界ががらがらと崩れ落ちる恐怖が
いま、新しいことを始め
未知のことだらけの状況に
リンクしていることがわかりました。

エコーに「なにか、言ってあげたいことはありますか?」
という質問に
「もういいんだよ」と伝えました。
少し緩んだかんじになったエコーに
してあげたいことはありますか?
という質問に
「犬でも、、、トイプードルをあげたいです」
ト イプーをあげると、エコーはとてもかわいがって
一緒に遊んで楽しそう。
最初よりかなり緩んだ様子です。
 
でも、暗い様子ではないけれど元気もなく、
ふわっと、透明なかんじで立っている
かげろうのような様子でした。

そのエコーをよーく感じていくと
「どうして生きているのだろうか」
「生きていることの、その意味がわからない」
と言っています。
 
素朴な疑問で、死にたいとか苦しんでいるわけではなく
「?(はて)」っていうシンプルに疑問に思っています。

そこで
ちえさんから、
「もし、生きていることの意味がわからないということに
メリットがあるとしたら、なんでしょうか?」
と、エコーのわたしに質問がありました。
 
かな~り長い沈黙のあと
エコーの言った言葉は

「つまんないから」

・・・へ?

「クイズの答えが先にわかっちゃったらつまんない、ってかんじ」

なぬ~~!?

すると、ここからエコーは大はしゃぎで
元気いっぱいになって
宇宙空間(のようなよくわかんない場所)で
にやりと悪い顔して笑っています。

つまり、人生はわからないから楽しいので
人生を楽しむために、わからないほうが良いのだそうです。
生きていることの意味も、然りなのだそうです。

なんなんでしょう、この小芝居的転回は?(わからぬ~@リアルのわたし)
でも、なんなんでしょう、このオモローなかんじ(オ、オモローって古!)

最後に、
「記念写真とったらどうでしょう?」という、ちえさんのご提案で
宇宙空間で悪い顔して笑っているわたしのエコーと
いたずらしあいながら
撮影しました。

それはもう、お互いにはっちゃけていてうはうはで
エンジョイとはこのことか!
という愉快さ、楽し さのエネルギーで
世界中が満ち満ちているのです。

私:ホント誰よあんた
エコー:あんただよ(私のこと)
私:なんだこりゃ~
(ずーっとこれが続く・・・)

「いったいどこへ行こうとしているの?」
と聞いてみても
「わっかんないよ~~(あっかんべ~)」
と、ヤツは完全にわたしをおちょっくっていましたが
なんだか吹き出すように笑ってしまいました。

やぁ、愉快愉快(^^♪

最初の、わたしはこの先、どうなりたいのか??という
あの不安な感じは、あっさりすっかりなくなってしまいました。

いたずらっ子なエコーに
「何か言ってあげたいことはありませ んか?」

と尋ねられて
「ありがとうね。どこまでもいこうね。」
と言いました。

わからないということしか、教えてくれなかったエコーちゃん
でも
それが、真実で
それでいいんだよねと
腑に落ちました。

セッション終了後のまとめのときに、ちえさんに言っていただいた
未来のわたしに会ったかんじですねというコメントに
すごく納得し、あぁそうか、と思いました。
 
少し、いやかなり、インパクトの強いセッションで
今後も大切にしたいです。
 
わからなくても大丈夫なんだって
心配しても
不安になっても
いいんだぞって
すごく腑に落ち ました。
 
また少し、楽になりました。
ちえさん、いつもありがとう!!

「セッション後に何か変化はありますか?」

わからないよ~という、
悪戯っ子なわたしのエコーの声が
最後のフィールドの様子と共に、
鮮明に何時でも再生でき
何かと助かります(*^^*)
 
今回のセッション以前より、
さらに自分の感情・思考を
見逃さず観察できるようになりました。
ネガティブもポジティブも
ただ現れては消える何か、ですね。
 
普通にあるもので
また少し、受け入れやすくなったかな。
 
今回のセッションは、スマホに落として
何回も聞いています。 

全然、先のことはわからないし
今のところ、自分の癒し・自己ワークや
学んだことの復習や
日常のどんどん増える諸々に追われて
ゆっくり考えることもなく過ごしています(笑)
 
今週から
「そのとき可能なことで、一番やりたいことをやろう!」
というコンセプトで、生活を回しだしたところです。
 
今、目の前の現れていることに
正直にアクションをしていくこと
それしか、
思いつかないんです~(^^♪
 
順調に進むことができても
そうでなくても
全部、受け入れます。
 
受け入れられなくても
そんな自分を受け入れます☆彡 


 

Tさん、ありがとうございます♡ 
読み返すたびに、元気をいただけるような、振り返りです。

私たちのエゴは、安心したい、分類したい、納得したい、ですよね。 

だから、わからないという現実

わからない事を受け入れること は、 
エゴが標準装備されている私たちにとっては、
それなりにプロセスが必要なんだと、そう思います♪ 
 
1人1人全く違うユニークなこのプロセスを 
ご一緒させていただけた事を、とっても嬉しく思います!

またよろしくお願いします^^

「だらしのない自分はダメだ」

継続セッションを受けてくださってる方からのシェアです。
いつもありがとうございます♪
(掲載許可いただいております)

image


4回目のセッションでは、
「だらしのない自分はダメだ」というビリーフを見てもらい

「だらしのない自分は人をガッカリさせる」
「人がガッカリすると自分が傷つく」
(どんな風に傷つくか?)
「丸い球体のようなものが欠けてなくなってしまう」

丸い球体とは?
「自由な自分、平和な自分」
という所が見えて、
自分の中でかなり深い所に導いてもらったドキドキ感がありました。

そして、今まで無意識に、
「自分が傷つかないように、人から嫌われないように」
していた事に気付き、
「私は球体(本当の自分)を損なわないから、嫌われても大丈夫なんだ」
という、更に深い気付きに導いてもらいました。

セッションが終わった後、気持ちがとてもスッキリしました。

今は毎日の生活で染みついていた当たり前だった癖を
少し離れた所から「そうじゃなくていいんだよ」と
気付ける自分がいて、
その度に緊張がほぐれています。

回数を重ねるごとに、より深い自分にアクセス出来ているようで、
セッション継続の威力を感じました。


読み返していて、ジーーーーーンとしちゃいます。

本当の自分の強さ。

誰もが持っている本質的な輝きは、
誰かに嫌われたり、
誰かをガッカリさせたって、
決して傷つくものではありません。

誰もが持ってる
「こうしなければならない」緊張感に
「そうじゃなくていいんだよ」
そう言ってあげたいです♡

気仙沼に行ってきました

今朝はまだ気仙沼にいたのです。
image
この写真はイマイチですが…
今日も天気良かった♡

今朝の気仙沼の地方新聞(名前忘れてしまいました…すみません)に、
昨日からのハートレジリエンス協会のトントンセラピーの活動についての記事が載ったようで、

(私はセラピーしてて見れなかったけど、
地元の新聞社の方が昨日の朝、取材に来て下さってたようです♪)

本日も個人セッションが人気でした。

昨日は4人、
今日は3人の方にセラピーをやらせていただきました。

時間があまり取れない中で
(きっちり1時間の枠で、休憩時間無しで、びっしり埋まってたので…)
初対面の、もしかしたら一期一会のセラピストとして、
たった1時間で、一体どれほどの事が出来たのか……

(あ、というのは、新聞を見て来て下さった方は、ほとんど初対面の方ですからね。
そして、心のケアのセッションでは、セラピストとの信頼関係が全てのベースになる事は言うまでもありません。)

少しでも何かを受け取って下さってたら嬉しいなぁと思います。

来て下さった方、ありがとうございました。

感情解放セラピーは、ストレスケアとしてとっても秀逸です。
そして、繊細な事は、悪い事じゃありません。

人間の心の仕組みとして、誰でも感情を我慢してしまいがちなんです。
特にネガティヴな感情はね。
誰でも、感じたくないのが普通ですから。

そして、ある意味で、優しい人ほど、
世の中にはもっと大変な人がいるから、弱音を吐くのはダメだ、とか思いがちですね。

不安
怒り
無力感
情けなさ
悲しみ
孤独感
イライラ
焦り…

フタをして、我慢して、
出来ればなかった事にしたいような
重たく
息苦しいこれらの感情たち。

本当は、どれ1つとして悪者ではありません。
どんなに私たちを苦しめているかのように見える感情も
全て、エネルギーの一種だから。

溜めちゃったネガティヴな感情のデトックス
心のエステを受ける感覚で
もっともっと広まりますように。。。

そして、皆さんの心がますます軽やかで
愛に気づける柔らかさと供にあると良いなぁと願っています。

image

「高い所が怖い」

image

継続セッションを受けて下さっている方からのシェアです。
(掲載許可いただいております♪ありがとうございます!)


テーマ:「高い所が怖い」「バスに乗るのが不安」

拘束された場所では、
すぐにその場から逃げれない、出れない
→自分がどうなってしまうかわからない
→発狂するんじゃないか
→周りに変な目で見られる

というストーリーが出来ているんだなぁと思いました。

そして、やっぱり周りに変な目で見らたくない気持ちが強いんだなぁと
感じました。

「セッション後の変化」
どちらのテーマも屋久島に行く事で、不思議なぐらい「大丈夫」って思えました。

(*ちえ注: マトリックスで最後ポジティブなエネルギーの焼き付けに、
屋久島の自然のエネルギーを感じてもらいました♪)

セッション後、その日に
マンション10階に家族で
上がってみたら、エレベーターはドキドキしたけど、
怖くなかったんですー!

前回は、上がった途端に
足がすくんで、すぐに降りたのに、何なら下を覗くことも出来ました〜!!

本当に自分でもビックリです。
で、今日は娘と2人で8階まで行ったんですが、
やっぱり怖くなかったんです〜!!!
もちろん、下も覗きました〜^ ^

ちえさん!
トントン凄いです!!
本当にこの変わりよう
自分でも驚いております^ ^
バスは、近々挑戦しようと
思っています。
ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします☆


Kさん、ありがとうございます♪
高い所に登ると、ドキドキして、
無理無理無理!!って思う、
という所からの、
「怖くなかった」
という変化…ジーンとしちゃいます。

このメール読んで小躍りしちゃいたくなりました♡

ご報告ありがとうございます。

「誘いを断る事が苦手」

継続セッションを受けて下さっている方からのシェアです♪
(掲載許可いただいております。ありがとうございます)

cropped-3.jpg


テーマ
「知り合いからのセミナーなどへの誘いを断わるのが苦手」

自己ワークでは、
断わると→怒らせてしまう→愛されない
となってしまい(頭での予想が入ってしまっていたかな)
MRなどをしても取れきれなかったのですが、

千恵さんの細やかで適切な問いかけの結果、
参加すると→好みでない内容でも先生でも受け入れて、 
理解するよう努力しなくてはいけない気がして重荷。
断わると→次回を設定されてしまい重荷

何でも深刻で真面目に取るから、
という感覚がズシンと来ました。
これだな、という感じ。

そして幼い頃から、親が予想外のことで怒り出し、 
深刻になってショックを受けて小さくなって反省するまで許されなかった 
(と言う解釈)ことが色々と出て来て、そこをセラピーしていただきました。

お誘いも、もっと気軽に引き受けたり、ただ楽しんだり、
賛同しなくてもいいし、 
気楽に断ってもいいんだな、と思えました。

そしてその深刻になってしまう面も、 
千恵さんが「深刻ちゃん」と可愛く呼んでくださり、 
見方を変えれば誠実さであり繊細さであり 
恩恵もたくさんあることに気づかせてくださいました。

また、同じように育てられた兄弟はその面をあまり持たないことから、 
親のせいと言う訳ではなく、自分の資質や多くの原因によることも腑に落ちました。

私の中から出て来るものを大切してくださるだけでなく、 
千恵さんのことばや励ましを聞くことが出来てとても勇気づけられました。

いつもながら優しくて機転の利くカウンセリング&セラピーをありがとうございました。
 


深刻ちゃん。 
とっても誠実でマジメで、まっすぐで、優秀なキャラクターです♡
私は大好きです^^

ありがとうございました♪

「朝、起きる前の胸の苦しさ、イヤ~な感じ」

池に反射した雲と太陽

継続セッションを受けて下さっているFさんからいただいたフィードバックです。
(掲載許可いただいております^^ありがとうございます♪)


「セッションのテーマ」

朝、起きる前の胸の苦しさ、いや~な感じがする

「セッションで感じた事、理解出来た事、気付いた事」

記憶にある一番最初、胸の苦しい感じがした場面を
ちえさんのガイドでたどってみると、数年前にさかのぼり
寝室の布団の上で、表情のない顔で座っているわたしがいるところが見えました。
 
当時のわたしは、長期の体調の不調に苦しんでいて、
まったく自分で好不調のコントロールができず
困っていたのでした。
 
いや~な苦しさが胸にあり、なんとも言えないネガティブな気分に陥っていました。
 
助けに来たよと声をかけ、苦しんでいるエコーに大丈夫だからねと言い
背中を撫でてあげました。
 
そして、何かしてあげたいことはありませんか?という質問に
部屋から出してあげたいと答え、エコーを
上高地の朝もやの大正池へ連れて行ってあげたいと思いました。
 
イメージの中で、美しく幻想的な湖の景色、きれいな空気、おいしいお水など
エコーのためにいろいろしてあげたいことをやってあげ、
当時の誰かに助けてほしかった思いを受容していくことで
あっという間に、当時のわたしのエコーが
生き生きと元気になりました。
 
顔をあげ、のびのびと体を伸ばし、たくさんおしゃべりをしていました。

その後、ちえさんのガイドで当時のわたしのエコーだけでなく、
同じ部屋にいる夫のエコーにも、どんなことを感じているのか聞いていくと
夫の「俺が悪い」という罪悪感がわかり、
それもまた夫のエコーを癒すことで
同じ部屋の中の空気感が、まったく変わってしまいました。
 
最後、同じ部屋に二人を戻すと
とても健康的で明るい、軽いエネルギー感に満ちていて
楽しそうに話している場面に、わたしもすごくhappyになりました。

最近は、当時のような不調は(EFTに出会ったおかげで)全然なくなり
あの強烈な、絶望感、無価値観、無力感、不安感などなどの
苦しいいや~な、ネガティブな感情たちにはご無沙汰していました。
 
でも、まだあったのね~~(‘◇’)ゞ
きっと、はじまったばかりのこの旅路は
まだまだいろんなことが出てくる・・・のかもしれません。
 
最後、わたしたち夫婦が楽しそうに過ごしているのを
しっかり細胞、フィールドに焼き付けてセッションは終わりになりました。
 
あのかんじは、いまもわたしの周辺にしっかりあります。
そして、すごくhappy感が増しています。

「セッション後の変化」

ちえさん!聞いてください!!
今日で、1週間くらいですが
胸の苦しいいやなかんじは、消えています
(*^^)v一回も、朝、苦しくなってません!
 
自分の、内側のパワーが戻ってきているから
からだが不調で苦痛を感じても
痛みは、結構平気なものなんです。
そして、不調の先にいつも勝手に発生していた
ストーリーが付かないんです。 


Fさん、とーーーっても嬉しい感想をありがとうございます♪

そう、「悲惨で苦しいストーリー」が付かないと、痛みはただの痛みでしかなく…

でも、痛みがあると、ストーリーを付けないのはそれなりに難しいですよね。
痛い=辛いのが当たり前、って思ってますから。

(そう言ってる私も、
肉体が痛いとやっぱりすぐ不安や悲劇のストーリー作ってしまいがちですし。笑)

なので、こんな風に感じられるFさんを、尊敬します。